2002/12/15

コテージパイとシチュウ


アイリッシュシチュウとコテージパイ

先月の来客の際に作ったお昼ごはん。
会社にアイリッシュがいてくれるお陰で、私の中でアイリッシュブーム到来です。

コテージパイは牛ひき肉だとそう呼び、
ラムひき肉だとシェパーズパイになるのだそう。
どちらにせよ、熱々のマッシュポテトがたっぷりとのったそのオーブン料理は
寒い日の一品にもってこいです。

アイリッシュシチュウも素朴でとても温まるメニュウ。
お手軽でちょくちょく作っています。

ソーダブレッドなんか焼くともっとそれっぽい食卓になったかなあ。
翌日、こんなの作ったのよ、とLauraに云ったら
「来客って外国人?」
「ううん、日本人」
外国のメニューを作るのが、面白いって云ってました。
その彼女は、最近rice cooker:炊飯器を購入したらしい。
でも忙しくて、もう2週間以上たつけど一回もご飯を炊いてないとか。
クリスマス過ぎるまで忙しいから、それから炊くわ、と意気込んでいました。
味噌汁も是非作りたいそうです。

いいなあ、その国の文化にどっぷり浸かって暮らすって。
違う部署のアイリッシュのA氏は三島由紀夫が好きで、
筆ペンを常に携帯していて、とある飲み会の時には
自分の名前に漢字を当てて書いてくれました。
脱帽。

一冊、アイルランドの本を買って彼らの文化をもっと知ろうと読んでいます。