2002/06/10

自家製金時豆パンとゴールドキーウィ



金時豆のパン、チェダーチーズ、トマト、キーウィ2種

最寄駅にヴィ・ド・フランスというチェーンのパン屋さんがあり
たまにお昼ごはん用のパンやサラダを買っています。
そこに金時豆の丸いパンがあり、
豆好きとしては常々私もパンに焼きこみたいなと思っていました。

豆を最初から煮て、と云うのが最近の暮らしではとても出来ないので、
パックで売られてる煮豆を使いました。
それ自体とても甘いので、パンのレシピから砂糖は減らします。

最初から入れてみたら、見事に粉砕されて、一見なにパンか判らなくなりました。
次の機会には、ミックスコールのタイミングで入れましたが、
やはり粉々になってしまいました。
どちらも薄紫色の満遍なく豆の風味のするパンにはなりました。
トーストした方が、豆の香りはするような。

パン部の子たちと協議して、最後のこねの後に入れて、
重みで中へ沈ませてはどうか?と云う事だったので、
ミックスコールの20分後に入れてみました。
最後のこね、と思ってたらもうひとこねがあって
ぱらぱらと下へ振り落とされ、結果的には豆の形はキープできましたが、
粉砕された方が豆の味がしていいかもしれません。
豆がもっと満遍なく散らばるといいんだけどなあ。

キーウィは、最近出回りだしたゴールデンキーウィと
お馴染みのグリーンキーウィを交互に並べて。
ゴールデンってトロピカルフルーツのようにねっとりと甘いのですね。
もともとは中国原産のマタタビ科のものらしいのですが。