2002/05/09

自家製フランス風パンのサンドウィッチ



フランスパン風パンで、タイム風味のベーコンエッグサンド
ミルクティ(イングリッシュブレックファスト)、グレープフルーツ

新しいホームベーカリーでは、
フランスパン風というのも焼けるようになりました。
材料が水、強力粉、砂糖、塩、イースト、ほんのちょっぴりのバターで
すこぶるシンプル。
しかも、割とちゃんとリーンなフランスパン風なのです。
会社のパン部のとあるメンバーは
「安いし、ダイエットしたいからこれにしよう」と決め込んでる位。

気をつけていないと、身体が覚えていて
うっかりいつものパンの配合で準備してしまうから
「今日はフランスパン風」と自分に云い聞かせながら材料を計ります。

丸5年間、愛用した初代ホームベーカリーは、
友人宅で第2の人生をスタートしました。
先日お届けがてら遊びに行って、ご主人やお子さんと一緒にスペイン料理を堪能したり、
DVDで「ブリジットジョーンズの日記」の素敵ヒューグラント映像に見とれたり、
パン焼きのデモンストレーションを行いました。

ハネの回転する音が今使ってるのと違い、
妙に懐かしい聞き覚えのあるモーター音に一瞬はっとする。

そう云えば、このサイトを立ち上げたのと、彼女と知り合ったのと、
初めてホームベーカリーが私の処にやってきたのはどれもこれも5年前の1月。

当時、青山のブルックボンドで紅茶教室に通う平凡な主婦だった私には
このあたりで颯爽と働くOLの彼女が
とても眩しく感じられたものでした。

今や彼女は、カリスマ・ママ、
私はそれなりにシングルトンを楽しんでおり。
状況はどんどん変わっていくのを実感。