2002/02/11

自家製バターと新マシンでのパン




基本の食パン、ベーコンエッグ、自家製バター、ピクルス、チェダーチーズ、紅玉

おニューのパン焼き機を入手!
丸5年使っていた象印の愛用のは、しずかさんちで第2の人生を歩むことに。
何故特に不満も無いのに買い替えたのかというと・・・。

職場の真弓さんは編物が上手でお手製のマフラーをしてきたのを見て
たいそう羨ましがった処、実費で編んでくれることになりました。
出来は素晴らしく、みんなからも私らしい色合いだと評判で、
この冬の私の手離せないアイテムとなりました。
納品と引き換えに私の気持ちとして、私の定番の胡麻パンを進呈した処、
美味しかった~と喜んでくれ、
喜びのあまりパン焼き機を購入することを宣言したのです。
折りよく彼女はとある通販でお手軽な価格で売られてるMKのパン焼き機を発見。
以前私のパンを食べてくれた弓子さんも、
普段お母様がパン焼き機で焼くパンに親しんでる新婚のトモコさんも
パン焼き機を購入する意欲を固め、
なんだか私もここらで新しいものが欲しくなってきてしまったのです。

かくしてパン部(仮称:まだ名前が正式に決まらない!)が結成され、
私がリーダーに任命されました。
みんな席が近いから、しょっちゅう緊急ミーティングやパンサミットが行われます。

さて新人パン焼き機にはいつものパンをプレーンで焼いて貰いました。
今まで持ってたのより音が小さいのと、生地がとても綺麗な状態で焼けるのが
よりよい点だと印象を受けました。
時間は標準で20分長くなってしまいます。
お急ぎコースとか色々あるのでこれからおいおい試していくのも楽しみ!

新マシン移行記念として、以前から試してみたかったバター作りを。
生クリームをもろもろになるまで泡立てるだけで良かったのだと思うのだけど。
パンにつけてみたけど、バターだという認識がなかなか出来なかった。
何か足りなかったのかしら?

ともあれ、新しいモノを手に入れるのは何にせよウキウキするものですね。

(パン焼き機についての記述を更新しました。)