2017/07/19

東京:神保町「カフェ・デ・プリマベーラ」


雑誌『散歩の達人』のムック本で『渋カフェ』を衝動買いしてから、思い出したように掲載店へ行ってみたりもしています。この本に出会ってから我が家では、渋い喫茶店のことを「渋カフェ」ではなく「渋喫」と呼ぶようになっています。
2009年の出版なのでたまに閉店してしまっているお店もありますが、おそらくまだまだ参考にできると思っています。

その中から、カフェ・デ・プリマベーラというお店でランチをしました。同僚と二人だったのでクロックムッシュとプリマムッシュだったかな?ホットサンドをシェアしました。それぞれ注文したらお店の方からシェアするかどうか聞かれて、彼女もOKだったのでそのようにさせてもらいました。折角なら色々食べたいし。どちらも1,000円です。
それとは別に喫茶店なのでコーヒーをオーダーしました。そういう時には一番左上のメニューを選ぶことにしているので、レジェ・ブレンド550円。
コーヒーに続き、ランチのプレートが運ばれてきました。想像しなかったほどのてんこ盛り!
まずはサラダ部分からいただきます。ありがたいほどの野菜のボリューム。しっかりと野菜を食べてほしいという気持ちがひしひしと伝わります。
この角度からはホットサンドの中があまり見えないので、もう一枚。

みっちり!リンゴとチーズとハムのがプリマムッシュです。かなりのボリュームでした。

そしてコーヒーにはつくと思われるバナナのはちみつ掛けもこの後に出されて、満腹で完敗しました…。ここでランチする時には1時間半は必要です。ゆっくりと食べたい。最後の方は急いでしまったのが心残りです。

お会計の際、お店の方から「傘持ってる?」と聞かれ、外を見てみるとひとしきり雨が降った後で、まだ若干パラパラしています。私は夏は晴雨兼用のを持ち歩いているのですが、持っていなかった同僚にビニール傘を貸してくれる優しいカフェでした。
仕事終わりに彼女は傘を返しに行ったそうです。

寒い季節に今度はボルシチを食べに行きましょうねということになりました。