2017/03/25

夫が作ってくれたフルコースディナーなど


去年のように夫が夕食を作ってくれました。
一緒に買い物に行って、夕方早い時間からぼちぼち開始ということで、私はだらだらTV見ている間に下準備を夫がしてくれて、まずは前菜。

アボカドとスモークサーモンのサラダ、ローストビーフ、ワサビ菜と金柑のレモンジュレサラダ。ローストビーフで金柑やワサビ菜を巻いて食べます。レモンジュレもちゃんと作っていて、すごいなあと思いました。どれも美味しい。
パンはメゾンカイザーのバゲットモンジュ。アルコール風に見えるのはりんごのしゅわしゅわするジュース。

スープは、トマトとブロッコリーのポタージュ。

ミキサーでしっかりと攪拌されていてとても滑らかだし、匙加減適当らしいけど味が決まってます。最近ちゃんと料理をしていない私、反省することしきりでございます。

魚料理は鰆のムニエル 菜の花のソース。

鰆は、色々見て回って韓国産と福岡産があり、断然私と同じ出身の鰆さんにしようということになりまして。身のふっくらした鰆に、葉の花の苦みのあるペーストが合いました。バゲットにペーストを付けてもいい感じ。

グラニテを挟もうとしていましたが、買い物の段階で私が「そんなに食べられないからなくてもいいよ」と辞退してそのままお肉へ。デザートがずっしり来ることが判っていたので、甘いものはできるだけ割愛したかったのです。

お肉はイベリコ豚のロースト、リンゴ添え。

バルサミコ酢で作ったソースとりんごとの組み合わせ、飲み物ともマリアージュが効いていましたよ。普段私はこんなにちゃんとしてないのに恐縮ですが、ありがたく楽しみました。アレルギーのことも気にせず食べられるのでストレスもありません。

途中休み休みで3時間くらいかけてゆっくりとしたおいしいディナーを堪能した後は、私のリクエストでアルプス洋菓子店のバターケーキ。

バターケーキを食べる機会も減り、またこの先の胃のコンディションも何歳までこういうケーキを食べられるかわからないので思い立った一番若いときにやっとこうという意気込みもあり、こちらのケーキをおねだりした次第です。
予約不可のため、お店に着いた時にはすでに5号サイズのバターケーキは売り切れていて、バターチョコレートケーキのみ。少し迷いましたがやはり思い切っていってみることにしました。
+100円でメッセージも入れて貰えます。ロウソクもいただけましたが、食べるときにはすっかり忘れていました。

バターケーキの繊細なバラの飾りが実に美しい。ブラックコーヒーを淹れて、いざ1/6カットを頂きます。

バタークリームの塩気が美味しい。ひー、でも結構重いものですね。うっかり気づかないかもしれませんが、スポンジが絹のように優しくふわっとしています。

シン・ゴジラの映画を見ながらデザートタイム、その後は特典映像を見始めました。
食事の部は有り難いことに野菜中心でボリュームはあったけど軽い感じで収まりましたが、ケーキがパンチあるね…と満腹にやられて特典映像の途中で寝落ちてしまい、そのまま日付を超えてしまっていました。

例の動画メッセージはもう見れなくなっていて、24時間ほど前に日付が変わってすぐに見ておいてよかったなと思いました。