2016/04/30

イギリスパンのトーストとビワ


自家製イギリスパンの朝食。
最近、シンプルにイギリスパンをカリッとトーストしてバターを塗るという朝食が私の中で大ブームになっています。
パン食の基本はこれだなあと思います。
もちろん、それだけではなく野菜やヨーグルト、果物なども必ず添えます。

果物は絶対に朝に食べる派です。
数年はフレッシュジュースを作り続けていましたが、朝に果物を食べる習慣があまりなかった夫のためにジュースにしたという理由もありました。
でももう朝の果物には慣れたようですし、ミキサー類も老朽化したし、私に控えた方がよい果物が出てきたのでいつも二人同じものを食べられるとは限らないしということで、ジュースは終わりにしました。
絶対作らないわけではなく、気が向いたらジュースを作る日もあるかも。

この日は、たまたまビワを見つけて夫がやたら買おうと勧めてくれました。
なぜそんなにと思っていたら、どうも私のとても好きなイチジクと勘違いしていたことが後からわかりました。
涙型の形が似てるしねえ。
今年初のビワ、もちろん大好きなので、美味しく頂きました。


今の朝ドラ、とても楽しみにしていたのですが、どうも肌に合わないようです。
折角のモチーフだったのに、残念です。
一か月は我慢しましたが、もう駄目です。見ないことにしようと決意しました。
でも、見始めたらそのまま習慣として夫が「惰性で見る」と『まれ』の時と同様律儀に見続けてしまっているので、結果的に流れを知ってしまい、苛々してしまう半年を過ごすことになりそうです。

となると、ネットで自分の腑に落ちない点を指摘している発言を見ては「そうそう…!」と思って留飲を下げるという全く前向きでない行為に走っており、よくないこととなっております。

その代わりといっては何ですが、BSの再放送で『てるてる家族』をやっているので、こちらを今期の朝ドラを位置づけて毎朝楽しみにしています。

当時リアルタイムでも欠かさず見ていましたが、改めてみてとても突飛ではあるけど楽しく丁寧なドラマだったなあと感心しています。
伏線はさりげなく気持ちよい形で回収、登場人物それぞれに愛着を感じることができ、心情に寄り添うことができ、ストーリー運びに納得ができます。

その頃はまだパンを自分でそんなに焼いていなかったのですが、今見るとことさら興味深いシーンが多いことに気づきました。
Twitterを見ると、フィギュアスケート界隈の方々にとっても興味深かったようです。
丁寧に作られたドラマなんだなあと嬉しく思います。

ビックリしたのは、ローリーの子役の子は今も役者さんを続けていて、しかも『ごめんね青春』の生徒役をしていたということ。
すでに錦戸亮くんと同じ作品に出ていたのだなあ。

9月まで『てるてる家族』で元気な朝を過ごそうと思います。