2016/02/09

東京:神保町「ランチョン」


毎日朝ドラを見るのが楽しみで、家事でちょっとでも見逃すシーンや聞き逃したせりふがあろうものなら、その録画を取っておいて夜にきちんと見直すという徹底ぶりです。

美輪さんの西洋料理店のハイカラさも素敵だなあと思っていたところ、神保町に明治42年にできた西洋料理店が今ビアホールとして脈々と受け継がれているので、昨年の秋ですがランチに行ってきました。

日替わりランチは1,000円で肉料理と魚料理の盛り合わせでライス付きという内容。
秋冬の洋食の揚げ物部門はカキフライがあるとフライ全般食べられなくなるので、お店に行くまでメニューに不安を少々抱えておりました。
しかしちょうど伺った日は、スパニッシュオムレツとビーフストロガノフ(だったかな)で、ばっちり。

レトロで重厚な雰囲気の中、お昼休みだけタイムスリップできたような気持でリフレッシュすることができました。