2016/01/10

東京:銀座「篝」


甲殻類と貝類のアレルギーが出始めて、気軽にラーメンを食べられなくなりました。
最近シェル系のラーメンが流行っているので、そういった出汁にも気を付けなくてはなりません。
つい先日も、出来心で某宅配で購入したラーメンのスープにホタテエキスが入っているのを実験のつもりで食べてみたら、ホタテエキスも侮れないということが判った次第。
そんな訳なので、「出汁の内容は企業秘密」なんていうお店は怖くて仕方ありません。

元々福岡の出のため、ラーメンのデフォルトは豚骨でした。
最近美味しいなあと思うようになったのは、鶏白湯。
クリーミーでそれ自体スープ料理のような感じで食べられるのも好きです。

そんな私に夫がこちらのお店へ連れて来てくれました。
本来は行列店のようですが、ラッキーな事に列が無い時にお邪魔することができました。

鶏白湯SOBA950円が冒頭の写真です。
見た目も美しい。
トッピングは季節の野菜だそうで、冬だから根菜類でこれまた好み。

途中で黒七味を掛けるのをお勧めされ、色々試して見た処、個人的には黒胡椒のほうが好きでした。
ラーメンのスープは飲み干さないのですが、こちらのは洗練されていてここまで全て一つのような感じで、ついつい飲みたくなってしまい、完食しました。

もしそんなに並ばないのであれば、またぜひ食べたいラーメンです。

この後は皇居の方へ周り、二重橋を眺めてから、久しぶりに大手門から入って皇居東御苑を散策しました。
三の丸尚蔵館では「北欧の工芸-自然ナチュラルが生み出す」が開催されていて、世界的に有名なデザイナーたちが皇室へ献上した見事な品々が展示されていました。

天守台からは「あのあたりが大奥か」なんて配置図と照らしあわせて本丸を見下ろしてみたり。
こうして東御苑は何度か散策していますが、皇居参観はまだしたことなかったなあ。
今度きちんと申し込んでみよう。

東京でお正月を過ごせる年には、新年一般参賀にも行ってみたいなあ。

そんなこんなで北桔梗門から出て、神保町でコーヒーを飲み一休みして帰りました。
この日は12km以上歩けたので、いい感じ。