2015/04/09

チキンカツの沼サンド


以前、千切りへの情熱が薄れたと書いてしまいましたが、包丁を研ぎ、またもや千切りへの情熱を再び持つことができました。
包丁は切れないと意欲が低下しますね。
そんな訳で千切りキャベツは、広島のアンテナショップで買った、広島れもん 白焼肉のタレを中心にした味付けにし、チキンカツとチーズと一緒にサンドしました。

いい感じ。
ただ、焼肉のタレで浸透圧効果なのか、キャベツのどんどん水分が出てきます。
予めボウルで混ぜて水分を切ったはずなのに、最初の一切れはきちんとお皿の上で食べないと、ぽたぽたと落ちてしまいます。

しかし2切れ目になると逆にパンに水分が行くのか、安定して食べることができました。


それにしても4月で桜も散りだしているという頃なのに、真冬並みの寒さに逆戻りで、私の周りは体調を崩している人が増えました。
私はなりふり構わず暖かく過ごせるように務めています。
昨日などはロングダウンコートとブーツで出社しました。
しかもセーターを中には着るという本格的な冬仕様。

昔々、この時期のとある日、西日本から関東に引っ越してきた当日に急激な寒の戻りになったとかで、冬の服を全て後からくる引っ越しの荷物に詰めてしまい、大変な思いをしたことが忘れられません。
それ以来、東京の春に油断してはならないと肝に銘じ、冬のコートはゴールデンウィークにゆっくりと片付けるという自分ルールを作っています。
ダウンもその頃になると洗っても乾きやすいですしね。

フェイント無しで暖かくなってほしいものです。