2014/04/06

あさりとムール貝のワイン蒸し


あさりとムール貝の酒蒸し的な料理を、先月夫が作ってくれました。
パリ旅行をした際に、お店でムール貝のこういう料理を食べてとても美味しかったそうで、あさりも加えると更に美味しいだろうということで、こういう感じに。
だし汁も濃厚で、バゲットに染み込ませて食べたりなどして楽しみました。

が。
その夜、何だか体調が優れず…決定的な感じではないのですが、大変な不快感に見舞われ続けました。
翌お昼には抜けたのですが、どう考えてもその原因は貝ではないかと。

牡蠣ではもう辛くなると判っていたので、二枚貝のアレルギーの可能性を漠然と考えていました。

そして昨夜。
気温も低かったので鍋にしようということになりました。
鶏と魚介のダブルスープの美味しさに感動を覚えた夫が魚屋さんで見掛けた地ハマグリを鶏の生姜鍋に入れることを提案し、少し躊躇もありましたが、今回で決着をつけようという気持ちで臨みました。

食べる量も私は3割位にして抑えめにしてみました。
でもやっぱりダメで、前回と同じような不快感で寝るのもしんどい位に。

そして幼い頃からの気持ちをよくよく思い返してみると、貝のだしが美味しいというのは「美味しいものだ」という常識に囚われていて、本当の気持ちはちょっと身体に馴染まないような気が何処かでずっとしていたことをもう正直に認めようと思うようになりました。
自分の身体の中で薄々感じる違和感はその後の状況に繋がるのだなあ。

好き嫌いと関係ない処で食べられないものができてしまったというか気付いてしまったのは淋しいけど、体調管理に務めるためには守っていかねば。
そして楽しめる食材で楽しんでいこうと思いました。

さて。最近、録画したものが溜まりまくっていて、色々なものに追いついていません。
多分その原因は、新しく始まった太一くんの朝の番組を録画して見てるからかも。
太一くん頑張れ的な気持ちと、毎朝パンのコーナーがあるので、バタバタした中でみるのでなく帰宅してゆっくり観たいというのもあってわざわざ録画しているのです。

となると、元々横目で観ていたイノッチの方の番組も録ってちゃんと観たくなり、どっちも録ってばーっと鑑賞ということになり、それでいっぱいいっぱいになっている1週間でした。

テレ東のトーキョーライブもちょいちょい観ていましたが、きちんとは観ていないので溜まる一方。
この番組はリアルタイムで見てワイワイするのがいいのだけどなかなかね。

そんなこんなで新しい4月のスタートです。