2014/01/15

バナメイエビ、芝エビ、車海老、ブラックタイガー食べ比べ


話題のエビ食べ比べセットを年末にOisixで購入し、年内に食べ比べをしていました。
オーダー画面でそのセットを見た時には「流石Oisix!」と目の付け所の素晴らしさに感動しましたよ。
限定とありましたが、その後もオーダーできているようでしたので、可能ならお試しされると面白いと思います。

何故なら我が家でも食べ比べてみた結果、なるほどと発見があったからです。

まずはバナメイエビ(左)と芝エビ(右)。

カラを剥いただけだと、ほう…と思うしかありません。
厳密にバナメイは斑点が黒っぽくて、芝エビは淡い色合い。

塩ゆでしてみました。同じくバナメイエビ(左)と芝エビ(右)。

色合いがはっきりと違います。
食べてみると、こんなにも違うのかと驚きました。
バナメイは弾力があり食感を楽しめます。
芝エビは肉質が繊細で甘みがあり、何処と無く品があるような感じ。
前者は濃いソースにも負けないのでエビチリには良さそうだし、後者は繊細なのでシンプルな料理法に向いていると思いました。

これまでこのサイズのエビの種類の違いを正直気にしたことがなく、芝エビと云われて出されたらそうかと何も考えずに食べていたと思います。
もしかしたらこれからは少しは判るでしょうかね?

という訳で、シンプルな中華炒めにしてみました。
左が芝エビ、右がバナメイ。
好みもあるかと思いますが、私は芝エビが好きだなあと思いました。

そして車海老(左)とブラックタイガー(右)。

ブラックと名がつくだけあって黒いですね。

塩ゆでするとこんな感じ。

普段使いではブラックタイガーを買いますが、そういえば左側のエビはお正月の御節の重箱に入っているあのビジュアルだなあと改めて思い出しました。

殻をむいたらこんな感じ。


我が家では車海老もブラックタイガーもあまり味の違いが判らない残念な舌が露呈する結果に。
ブラックタイガーも美味しいよということです。
同じ方法で調理したのが冒頭の画像です。
普段使いではブラックタイガーで十分で、天ぷら屋さんやお寿司屋さんなどの和食屋さんでは車海老で出てくると嬉しい気持ちになりそう、なんて思ってしまいました。

パンや野菜果物以外でこんなに真剣に食べ比べした経験はないかも。
オススメです。