2013/12/31

鴨南蛮そば


今年もあっけなく暮れようとしています。
年越しそばはノープランで出掛けた処、鶏肉屋さんでお惣菜買いながら合鴨という張り紙が目に止まったので、成り行きで鴨南蛮にしようということになりました。
開けてみたら細切れ肉だったので、カットする手間も省けるしいいかってな訳で。

フライパンで鴨肉を炒めるとどんどん脂が出てくるので、葱も一緒に焼いて、鴨の脂を切り、かけ汁と合わせて出来上がり。
簡単なものですが、鴨の甘みがすごく出て、温まってとてもよい年越しそばになりました。

上に乗せているのは、柚子かとおもいきや、イチャンレモンです。
デパ地下で見掛けて買ってみたのですが、レモンという名ですがあまなつくらいの大きさで丸い形。
同封されているチラシによると、
中国長江の中流、湖北省宣昌で発見されたゆず近縁の柑橘で、ザボンの血が入っているとも云われているそうです。
なのでちょっと削って使ってみました。
香りはゆずみたいな爽やかな香り。

果汁も豊富らしいので、フレッシュジュースにするのも楽しみです。


去年の感じは「開」だと一年前のページに記していたのを今見て思い出しましたが、今年はなんだろうなあ。
思いつかないのでパスします。

それにしても紅白歌合戦は、好きな要素ばかりでとても楽しみにしていました。
そしてこんなに楽しい紅白はないと思って観ておりました。

T.M.Revolution西川くんも久しぶりに出たし、Perfumeは違う曲だったけどプロジェクションマッピングの演出でまたあの感動がよみがえるし、エイトも元気いっぱいだったり大倉くんが和太鼓で凛々しい姿を見せてくれたり。

嵐の司会ぶりも安定していて、「天然」と言われている綾瀬はるかちゃんをみんなでフォローする側に回っています。
なんて安心感だろう、素晴らしい。

あまちゃんのコーナーは、最終回の次の回といった体で、ユイちゃんが東京に来て紅白で潮騒のメモリーズとしてステージに立てたし、何かとあまちゃんをずっと観ていたファンにとっては涙が溢れてくるような内容でした。
今年の紅白は残すところが多そうだな。

肝心の嵐さんのコーナー、あまり演出に凝らなくてもいいのではと思ってしまいました。
スクリーンがあると見づらいし、あのギザギザした映像は偏頭痛持ちにはちょいとドキッとするかな。

でも日付が変わる直前までのお仕事お疲れ様です。
来年もよろしくお願い致します。