2013/12/24

ニコラウスなどで


ある日の朝食は、前日の夕食のトマトベースのスープの残りで。
量が減っていたので、前夜には入っていなかったかぼちゃを増量しました。
夫がダイエットのためにスープをと云い出しまして、それもどうやらじゃがいもなど糖質が入っていないようなものを望んでいるようでして。

でも私はじゃがいもとかかぼちゃとか入ってるのも好きなので、朝は勝手に入れました。ふふふ。

奥に横たわってるのは、タンネのニコラウスというパンなどで。
クリスマスというよりは、聖ニコラウスをお祝いするパンなので、3週間ほど前に食べるべきパンではあります。
このパンは職人さんによって造形がかなり違っていそうで、改めて上記のリンク先のかつてのニコラウスをみるとちょっと怖い気もします…。
今年買ったのはもう少しぽっちゃりして、愛嬌があるかも。

クリスマスと言えば、チキンを食べる日本のお約束ではあります。
七面鳥じゃない時点で、クリスマスって何といった感じですが、今年は開き直ってなんと博多風の水炊きにしてしまいました。
出汁はズルして鶏のぶつ切りを購入した鳥屋さんで買ってしまいましたが、お手軽で美味しくて良かったです。

ケーキも特に用意せず、パン教室で焼いてきたシュトレンをアドヴェントとして楽しみました。


そんなクリスマスイブは、昨日と今日の嵐の明日に架ける旅を見て、若い才能や意欲などに感動しておりました。
この番組は最近バラエティ疲れしてきた私にはとても和む番組です。
思い出したようにまた作ってくれるといいな。

それぞれの個性が色濃く出たロケだったなあとも思います。
智くんは自然体だし、潤くんは男気溢れて真面目な感じだし、相葉さんは何だか楽しくて仕方ない雰囲気だし、ニノは一際一般の人に面白く応対する腕が上がっているし、翔さんは真摯にかつきちんと向き合ってるし。

高校生たちの未来にも期待してます。