2013/08/24

東京:新宿「ヒルトンホテル マーブルラウンジ」


ひょんなことでヒルトンのお食事券をいただいたので、ブランチビュッフェにとある週末に行ってきました。
2011年にも一度宿泊した翌日に行ってみましたが、あの時はなにやらやたら食べ過ぎてしまった記憶がありましたので、今回はもう少し大人しく食べようと思って臨みましたよ。

席に案内され、飲み物のオーダーをし、いざ私はサラダの台へ。
毎度のことながら、こういうのの盛り方が下手なので今度こそはと思うのですが、またもや無造作に…。

ガーデンビュッフェのお野菜が活き活きとして美味しかったです。
私までみずみずしくなれそうな気がするくらいのサラダです。

麺のコーナーも気になるので、パンも気になりつつドイツ風のパン2種だけにとどめておきました。

お次は冷菜から。


温菜の処からも。


そしてメイン部分は、前回と同様のラインナップだったのと、一足先に3種類食べた夫の「やっぱりポークハムが美味しい」というアドバイスに私は豚だけにしました。
アップルソースと合う。

折角なので、温菜も一緒に盛ってみたら収集つかなくなり大失敗。
しかも緑のものをと思い乗せて更に何が何だか判らない状態になり、深く反省しております。


気になって仕方なかった麺をその場で仕上げるコーナーでは、韓国風冷麺をオーダーしてみました。

程よい辛さで、さっぱりしてリフレッシュ出来ました。
その後、うどんもおそばもシェアしたけど、冷麺が一番美味しかったなあ。

撮り忘れたけどパスタも中々でした。

夫はタコスコーナーに首ったけでした。

彼はタコスが大好きで、このコーナーが一番よかったのだそうです。
私はタコスは全然食べていないので、参考までに写真だけ撮ることに。

そろそろデザートにしようかと、デザートのコーナーへ。

ヴェリーヌをテーマにしたものだとサイトに書いてあったもののよく判らなくて、実際に見てみてディスプレイの楽しさにあれもこれもと食べたくなりました。
ほぼこういった密閉容器の瓶に入っているのです。

プリンは昔ながらのプリンで好みでした。

グラスデザートの楽しさに釣られて…と言い訳しつつ。

デザートは全部シェアして食べましたが、私はさらに大理石の上で色々混ぜるアイスクリームにも。
チョコレートベースに、ラムレーズンといちご。

大人の味です。

もう一点、バニラベースにチョコチップとコーンを砕いたのをミックス。

アイスクリームは夫はもう食べられないということで一口ずつでしたが、私は最後まで美味しく頂きました。

チョコレートファウンテンもあり、名物的でもあるのですが、結局私はそんなにファウンテンは好みではないなと思って今回は割愛しました。

たくさんの種類を食べて楽しみましたが、意外とシェアしたものも多かったので、程よいお腹いっぱいという状態で御暇しましたよ。
勿論、新宿駅まではシャトルバスを使わずにしっかり歩いて戻りました。