2013/08/15

夏のそうめん2種


揖保乃糸の素麺を頂いたので、色々な食べ方で楽しんでいます。
基本は野菜を一緒にしっかりと食べられるように心がけています。

冒頭のは、そうめんチャンプルー。
豚肉の生姜焼きにしたのを少しだけ取り分けで冷凍していたのを刻んでます。
素麺以外は全部Oisixで購入したものですが、特にこの豚肉が美味しいのです。
豚肉に惚れたのも利用し続けている理由の一つです。
生姜焼きにしてもなお、豚肉美味しいよねって何故か思える豚肉の味がするのです。

あとは小松菜とかにんじんとか、玉ねぎとか、黄色いのはなんだっけ?
丸オクラもこの時は入っています。
ごま油で香りづけをして、食欲を増進させております。

今年急に私の中で流行っているのが、冷たい白だしを張ったそうめん。

きゅうりと塩もみしたなすを粗みじんに刻んだもの、錦糸卵がいつも入る材料で、その他は在庫に合わせて色々入れます。
この時はトマトとかいわれとオクラでしたが、わかめだったり、ゴマもふったり。
白だしの塩分もまた暑い夏の朝にはほっとするものです。

左上は、ヨーグルトにブルーンピューレを乗せたもの。
某モニターでいただいたドライのプルーンをピューレにして油脂分の代わりにしてパンに焼きこむというキャンペーンなのですが、ヨーグルトの上に乗せると夫がいつも「もろみ味噌にしか見えない」と笑います。
そう云われると、自家製のスーパースキムミルクヨーグルトが寄せ豆腐だかざる豆腐だかに見えてきて仕方ありません。 脳がそんな気持ちになった処で食べてみて「やっぱりプルーンとヨーグルトだ」とギャップに戸惑う、というちょっとした遊びをしています。

気温の数字がこれまでにない信じられない高さで推移しています。
子供の頃は30度を超えると「流石に真夏だな、暑いな」と思っていました。
しかしここ数年は、35度がある基準になっているような気がして、おかしいなあと感じていたのに、今年は40度超の気温をかなりの頻度で見掛けるようになりました。
そればかり35度以上の地域も格段に増えている。

こんなに暑いのだから、オフィスでの服装も本当に考えなおしてほしいなあ。
打ち合わせの時のジャケットは無しとしてくれるとほんとうに楽なのですけどねえ…。