2013/04/21

レンコンとしめじソースのステーキ


引っ越し後、夫の通勤の乗換えが少し楽になったのと仕事のタイミングがよかったこともあって、自宅で夕食をとる日が最近多くなりました。
大抵日付が変わる頃に帰宅することが多いので、夕食を作る平日が少ない人生を送っていた私、やにわに新婚気分になっております。

で、とある日の蓮根としめじのニンニク醤油ソテーをソースにしたステーキの夕食。
こんながっつりした日もあれば、小鉢類が並ぶ感じの日もあったりで、夕食の献立を考えるのがなんと楽しい事かと再認識しました。
夕食作る機会がこれから増えると嬉しいな。

処で昨日のV6の岡田准一くんがアニキゲストに出た『嵐にしやがれ』はご覧になりましたでしょうか。
関ジャニ∞が出演した時の楽しさとはまた違う楽しさで、神回でしたねえ。

岡田くんの人柄も含めて、いろんなことを垣間見れたのもよかったなあ。
デビュー当時の大野くんとの微妙なバランスになった関係性、違う道を歩もうと悩んでいたニノが彼に求めていたもの、そして後輩の翔くんがまぶしい存在になっていったことで出てきた心の変化など、グッとくる場面がたくさんありました。

何よりも木更津キャッツアイ での翔くんの役名バンビの呼び方がきゅんと来ますよね…。
なんであんなに何度も「バ~ンビ♪」って感じで呼ぶんだろう…。
本当にたまらないものがあります。

ニノの相談の話の時は、ニノの耳が真っ赤でしたね。
そういう時は本心を突かれている時だなって思います。
ニノが岡田氏の包み込むような回答が欲しかったのだろうというのがまたいいなあ。

相葉さんのことは記憶にないので、ジュニア時代にバックについて踊っていたのを再現という形で、これまたファンにとってはありがたい企画で。
マルチアングルで切り替えてみんなを観られたらと思わずワガママなことを思ってしまいました。
それくらいたくさん見たかったってことなんですけどね。

潤くんのギラギラを受け止められない的な話は、タイムリーで驚きました。
先日のアフタヌーンティーでは、かつての尖がったギラギラした潤くんが好きだったという話を伺い、潤くんファンの方はそうなのかと今更ながらに認識したのでした。
で、強くお勧めされたのが、東京タワー
この潤くんを観た方がよいとのことで、早急に観なければ…と思っていた処のしやがれでしたので、ますます観たくなりました。

私はギラギラした潤くんがちょっと怖くて、ニノの流星の絆の主題歌だったBeautiful days(DVD付)(初回限定盤)のPVの潤くんを観た時に「なんて柔らかい表情なんだろう…!」とぐっと来た覚えがあります。
潤くんに関しては、全くの素人なんだなと思った今日この頃でございます。
でも今の柔らかい潤くん、好きなんですよねえ。

ちなみに通常版には久しぶりのシークレットトークも入ってるので、やっぱりどちらも買いなんだなあ…ツラいけど。

今週はいよいよ待望のニノさんの深夜番組『ニノさん』がスタートしますね。
新しいニノさんを観れそうで楽しみです。