2012/12/08

東京:渋谷「七宝 麻辣湯」


夫が本当にお世話になっているお店でして、夕食はたいていこちらで食べているようです。
彼の帰りは遅く自宅では食べないので、こういうお店があることに妻としてはホッとしています。
野菜たっぷり、春雨の麺なのです。

前々から私も連れて行ってくれると云われていながらも、あまり渋谷に私が行く用事もないままに過ぎていました。
やっとその機会があって、お邪魔しました。

入ってすぐ、冷蔵ケース一杯に野菜を中心に、豚肉や魚介類、各種ワンタンなどがあるので、そこから3種類選んでボウルに入れます。
種類が多くて選ぶのが一苦労。
夫は相当通っているので自分なりの基本形や、アレンジしたい具などがすでに頭の中にあり、するするっと選んでいきます。
彼のお勧めは、出汁の味の核となるものがあるとよいとのことで、豚肉は割と外せないもののよう。

悩みに悩んで、豚肉、ターサイ、ホタテ、もやしという、シャキシャキ野菜と出汁が出る系のものの組み合わせにしました。
基本形は3種類で680円ですが、4種類目以降は、+100円でいくつでも組み合わせることができます。

スープも0番の白湯、1~5番は数字が上がるごとに辛くなるシステム。
初心者向きの1番にしてみました。
ボウルを渡す時に、スープの種類を伝えます。
もし、さらにトッピングが欲しい場合にはその時に伝えます。
私はさらに悩みそうなので、トッピングは無し。

出来上がったものが冒頭の写真という訳です。
スープも程よい辛さで美味しいのですが、春雨の麺が独特にもちりとして絶妙な硬さというか柔らかさなのです。
いわゆる料理で使う春雨を想像していたので、お腹に溜まるのかしらと思っていましたがその心配はありません。
癖になる食感です。
シャキシャキ野菜との対比もいい感じ。

途中で卓上のニンニクを入れてみたり、ピリリとする山椒を加えたり、黒酢を垂らしたりで風味の変化を楽しみました。

ちなみに夫はこちら。

豚肉、白菜、シメジ、シャンツァイトッピング、1番のスープでトムヤムスープにしたものらしいです。

平日通っているのに週末にも出没した夫に、お馴染みのお店の方も笑っていました。
私も妻として夫の夕食のお世話になっている旨のお礼を申し上げた次第です。

組み合わせのすべてを試すには100年以上通わないとダメらしく、少しでも私もいろんな組み合わせを楽しみたいなあ。
渋谷はなかなか行かないから、行動範囲内にもこのお店があると嬉しいなあと勝手な願望を。
でも次の組み合わせはどうしようかなあとつい思いを巡らせてしまっている自分がいます。