2012/12/02

東京:五反田「フランクリン・アベニュー」


グルメバーガーと云うのを知って、それまでファストフードのが食べられなかった私は、新しく楽しめるメニューが増えたのが嬉しくて機会があれば食べるようにしています。
そこで気づいたのが、フランクリン・アベニューというお店。
こちらで修業したというのが一つのステイタスになっているので、いつか行かねばと思うようになっていました。

五反田は夫も私も勤務先だったこともあり、行く機会がなかった訳ではないのに何故か行かず仕舞い。
すでに二人とも勤務先ではなくなった先日に別件の用事があったので、「これはフランクリンじゃない?」とすぐに話がまとまりました。

遅いお昼の時間でしたがテーブルは満席で、カウンターならすぐにということでした。
勿論カウンターに落ち着き、ハンバーガーが次々と作られる様をかぶりつきで見学で来てとても楽しかったです。

私はミネストローネ600円。

寒い寒い日でしたので、まずはしっかりとこれで温まりました。

ポテトはついていないタイプなので二人でフレンチフライL550円をオーダー。

くるりんとした形がすこぶるかわいい。
これは外せない気がします。
奥に見えてるのは、夫の大好きなルートビア。
彼が飲むたびにふわっとこちらまでサロンパスの香りが漂います。

私のオーダーは、マッシュルームチーズバーガーのミディアム1200円。
冒頭の写真のように展開された形でサーブされます。

それをおもむろに組み立てて…。

すごい迫力。

しかしナイフとフォークが添えられているタイプで、ガタガタに崩しながら食べてしまいました。
がぶっと手で掴んで食べればよかったなあと後から反省。
と云うのも冷めるのが早いかなあと思ったからです。
目の前でバンズもパティも熱々に調理されているのに、展開されている状態で運ばれてくると冷めるスピードも早い。
やっぱり包み込んだ形で、手のひらにその熱さを感じながらはふはふと食べるのが好きだなあと思いました。

しかしながら、キッチンの凛とした仕事ぶりや、一軒屋レストランの佇まい、サービスなど老舗の風格があり、とても魅力的なお店でした。
目の前でシェークが作られる様子をずっとみていて、今度暑い季節になったらチョコレートシェイクを頼みたいなと思いました。