2012/02/04

新潟:新潟「五郎」


新潟で夜を過ごすとなれば、初めて新潟を訪れた時にその名と美味しさを知った
南蛮海老を食べなければ。
甘エビの新潟での呼び方なのですが、我が家では新潟といえば南蛮海老となっています。

Perfumeのライブ終わりの時間を見込んでこちらのお店に予約を入れておいたので
終わるや否や、すたこらと信濃川沿いを雪の中歩いてきましたよ。

カウンターだと足も楽。
慣れない雪の中を朱鷺メッセまで往復、競歩のように急ぎつつ、
しかし力を入れて用心深く歩いてきたので靴も脱いでホッとくつろぎます。

夫は地ビールのスワンレイクビールを。

味見させて貰ったけど美味しかったです。
これから繰り広げられるお料理には日本酒かもしれませんが、
まずこのビールを飲んでおいてよかった、と云っていました。
手前はお通しですが、こんな風にちゃんとしているお通しが出てくるとは
お料理への期待もますます高まります。

本日のおすすめにあった女池菜のおひたし。

カウンター越しに小鉢を渡されながら「とう菜のおひたしです」と聞こえたので
あれっ女池菜と書いてとうなと読むのかと思って、
「すみません、もう一度教えてください」って聞いたら、
「とう菜の一緒で【めいけな】って云うんですよ。この近くに女池って処があって
そこの特産なんですよ」と丁寧に教えてくださいました。
ほうほう、食べてみると小松菜のような感じです。
小松菜も小松で作られた菜っ葉ですよね。
だしもとても上品で美味しくて。
マヨネーズやからしが添えられているのも、面白いなあ。
女池菜自体に甘味があるから、からしがよく引き立ててます。

弥彦しいたけは柚子ぽん酢で。

出来るだけ新潟の地名がついた旬のものを食べようシリーズ。
肉厚でジューシーです、いいですねえ。

佐渡ガキの松前焼き。

昆布を敷いてホイル焼きにしていますが、これもまた言わずもがな。
出汁がおいしくて、スプーンを貰って飲み干してしまう次第。

そして次に届いたのが、お任せのお刺身盛り合わせ。
南蛮海老と、寒ブリは入れて欲しいとお願いして、後はお任せ。
アワビやら、鰆やら、しめ鯖やら、メジマグロやら。
ものによってはレモンを下に忍ばせたり、さっと炙ったりの一工夫もあったりで
どれもこれもやっぱり美味しい。
もう一回これをお願いしたいくらいの気持ちです。

このあたりから、日本酒に切り替えて、秘密の蒲原というのを冷で。
ジューシーで美味しい。

私はずっとウーロン茶片手に、時々夫のアルコールをちびちびとやっては
肴との相性をマイペースながらも楽しんでおりましたよ。

真鱈の白子の磯辺天ぷら。

今日のおすすめの一番初めに書かれていて、
でも揚げ物だから様子見て後からにしようと思って自分の中ではとっていたもの。
温かい物を食べたくなってきたので、満を持してのオーダーです。
カリカリの衣と海苔の中には、とろりとした白子が。
思った通りの満足感です。

夫は夫で、今度は燗で別の日本酒を頼み、いかの塩辛を相手にし始めました。

塩辛そのものも美味しいですが、
大根に塩辛を乗せて、先ほどのマヨネーズをトッピングすると
また新しい味わいになります。

さて、しめは第五郎めし。

そもそも名物五郎めしというのがあり、それはあつあつの新潟米のごはんに
納豆・すじこ・たらこ・塩辛・おかか・漬け物・卵白が乗っている物。
大が付くと、山芋と刺身が更にトッピングされるというわけです。
ごはんは大盛りとあったのでひるんだのですが、夫は大五郎でないとと譲らず。

てな訳で、よく混ぜてとの言葉を添えられながら受け取った鉢はずしりと。
これは帰りにおにぎりにして貰った方がいいんじゃないかと思ったり。

味噌汁はあら汁でと書いてあり、
これだけ魚介類が素晴らしいお店だから絶対に間違いないのでオーダーですよ。
するとなんとサービスしてくださいました。
ありがとうございます。よりいっそう身も心も温まりましたよ。
出汁がしっかりと出ていて、お店を後にしてからも、
あれはおいしかったよねえとしみじみ思い返す一品でした。

大五郎めしを混ぜ混ぜするとこんな感じ。

食べきれるかしら、と少しずつよそっていましたが、
食べる場所によって色んな味わいが感じられるので結局食べきってしまいました。
渾然一体となった全ての素材が融合して、何だかウットリとさせられます。
後で聞いたら、大盛りだけど少なめにも出来たらしいです。
ははは、食べちゃった。

この五郎めしはまかないでも出るらしく、
スタッフさんの間では「飲み物」と認定されているとか。
面白すぎます、さすが元気のいいスタッフさんたちだからね。

新潟の幸を海も山も堪能できた夕食、ご馳走様でした。

実はこちらにはデザートが見当たらなかったので、
この後、夜カフェを探して彷徨うのですがそれはまた別のページにて。