2011/10/05

くるみ山食トースト


くるみ山食を焼いたのって6月だったので、もう3ヶ月も前の朝食になるのか…。
いやはや、月日が流れるのはあっという間ですなあ。
今日郵便局にいったら、年賀状のデザインが決まったのでとチラシを貰いました。
何かと全ての事が年の瀬に向けて進んでいくのですね。

なので、レタスにプチトマトという組み合わせが遠い夏の日の出来事のような
そんな気持ちで一杯です。

今日は、10日ほど前から突如懸案になっていた、洗面所の水漏れ問題が
すっきりと解決して、心が晴れ晴れとしています。
こういうのって、気をつけていないと云いなりになってしまうこともあるんだなと
身をもって体験しましたよ…。

ある日、シングル混合栓のレバー部分から水が少量ずつ漏れているのに気付きました。
最初は漏れているとは思わず、「ちゃんと使った後は拭かないと」と憤慨していましたが
どうもそうではないらしい。

ちょうどマンションの排水関連の清掃が入る時期でもあったので
水道業者さんであればついでに見て貰えるかしらと管理会社に連絡を入れてみました。
懇意にしている業者から連絡させますとのことでしたので、ほっとしたのも束の間。
掛かってはきたのですが、まず社名は名乗らない。
話が進んだ後に、こちらから尋ねて判った有様。

また、症状を話して費用はいくらくらいですかと尋ねても、
「前提として私どもは現金で集金する事はございません」と答えるのみで、なんだか噛み合わない。
支払い方を聞いているんじゃないんだけどなあ。

いざ、翌日は電話連絡の上来てくれるということでしたが、いきなり来て少々戸惑います。
来てくれたからいいんですけどね。
これは完全な印象だけど、なんだか頼りないおにいちゃん、って感じで。
少しレバーを回して様子を見て、「一旦、会社に報告して連絡します」と出て行きました。
電話が掛かってきたのは会社からで、「全部取替えで○万円です」と
10万近い額をさらりとおっしゃる。
「全部交換しないとダメなんですか?」「はい、そうですね」
一旦見積もりだけ管理会社経由で貰う事にして、電話を切ると、
さっきの人がまた来て「写真撮らせてください」と蛇口の写真を撮って帰りました。
なんか色々と腑に落ちない気持ちで一杯。

見積もりも全然来ないなあと思ってたら、数日後にようやく管理会社から電話が入り、
あまりにも暢気で、しかも疑問で一杯の対応であることを伝えると
「弊社でしっかりと安心して使っている業者なので」との一点張り。
見積もりを今日発送しますと云われましたがそれも3日経ってもまだ届きません。

管理会社からの連絡よりも少し前に、「これはいかん」と今度は蛇口のメーカーへ連絡、
そこから紹介して貰った業者さんから連絡を貰いました。
当たり前かもしれないけど、社名は先に名乗るし、対応も感じよく、会話が通じます。

症状も電話で話しただけで、「おそらくカートリッジを交換するだけで大丈夫ですね」と
見積もりも先の業者とは全然違う額で、納得の金額。

昨日の内に、前もっての時間の目安も連絡を貰い、
今日きっちりとその時間に来てくれ、対応もしっかりしているし、
色々と細かく説明してくれました。

しかも、金額は聞いていたよりも安く仕上がり、なんということでしょう。
水漏れはきっちりとなくなりました。
ありがたいありがたい。

別の業者の経緯を話してみた処、全部取り替えに誘導して
高額な売り上げにつなげている処が多いそうです。
本当に取り替えないといけないこともあるだろうけど、
少なくとも今日作業してくれた会社はきちんと見極めてくれてるのだなと安心しました。

この情報をマンションの人たちに共有してあげたいけどそれも難しいので、
「メーカーに相談することをおすすめ」とここに記す事にします。

信頼の置ける仕事をして貰うと、私も私のお客様となるひとたちには
信頼して頂けるような仕事をできているか、とふと振り返って反省する事しきりです。

とにかくホッとした次第です。