2011/03/03

東京:高田馬場「ウエスト」(閉店)


知る限り、東京で最も福岡のうどんらしいうどんを食べられる貴重なお店。
高田馬場に福岡でもポピュラーなウエストがあると知ったのは、つい最近で、
ちょうど夫の仕事終わりがそこだったために待ち合わせて行ってみることに。

夜は居酒屋としても営業しているみたいで、夫にも好都合。
晩酌セット的なものをオーダーしていました。

私はごぼう天うどんに、わかめをトッピング。
ごぼう天もその場で揚げていてサクサクだし、
ごぼうそのものも太めにカットされていて食べ応えも十分。

わかめも三陸産でとても立派なものでした。

いりことあじこの出汁も懐かしく、ほんのり甘く、
麺は太めでもっちりと出汁を吸って柔らかい・・・。

そう、今の私のように胃が辛い時にはいつでもいわゆる博多うどんは
優しく癒してくれましたよ…。

実際、かつて胃を悪くした時期には、近所の牧のうどんで命が延びたくらいに
うどんは有り難い存在でした。

うどんができるまでは、かしわめしを食べながら待つのも定番。


晩酌フェーズが終わった夫は、かき揚げうどんと舞茸トッピングをオーダー。

どちらも福岡のうどんではあまり馴染みがないトッピングではありますが、
舞茸は風味もしっかりしておいしかったなあ。

ま、2大トッピングって云ったら、ごぼう天か丸天ですけどね。
個人的には芋天も好きです。

価格をすっかり忘れてしまったのだけど、かなりリーズナブルでした。
福岡の味が恋しくなったら、また行こう。

って思っていたら、なんと今年の2月10日に閉店になっていたとか!
ショックです。
私がお邪魔したのは、1月末頃でした。
でも一度でも行っておいてよかったな。

ウエストは関東にも店舗があるようですが、
東京の中心部にはこれでなくなってしまったので、残念です。
福岡では他のお店に行っていて、
実際はウエストにはさほど行ってませんでしたが、東京では貴重なお店。

博多駅もリニューアルオープンを迎えることですし、
やはり福岡に帰ってうどん食べないといけませんね。