2010/02/07

安納芋とキャベツの巣篭もり卵とカラスミフランス


休日はごはんとお味噌汁パターンが多い傾向にはあります。
今朝は夫が午前中に久々に水泳に行くというので、パンで軽めに。
でも結局は午後だったんですけどね。

殆どOisixで調達している朝食。
キャベツは、あまっ娘というシリーズで、葉っぱも甘いのですが
芯もやたら甘くて吃驚しています。
行儀が悪いですが、芯をぽりぽりかじりながら千切りしました。
夫にも巣篭もり卵を作っている間、前菜として?食べてもらったら
その甘さに吃驚していました。

安納芋は太めの千切りで。
水にさらしてアク抜き後、水気をしっかり切ってから先にソテーします。
加熱して色が少し変わってきたら、キャベツも入れて全体的に混ぜ、
卵を割り入れ、水も少し加え、蒸し焼きに。
最後にチーズもトッピングして、塩胡椒して出来上がり。
黄身は出来るだけ切り分けた時にとろりとしていると嬉しいですが、
今朝はチーズを乗せて、再度蓋をしてしまったので、
見た目には完全に白身が固まって、黄身もあまり垂れることなく。

キャベツだけのも勿論好きですけど、こんな風にもう一つ別の野菜を加えて
彩りと食感と忘れちゃいけない栄養もプラスするのも好きなのです。

パンは、カラスミフランスパン
クラスト部分に特にカラスミの香ばしさが現れたみたいで、
夫に大好評でした。
よかったよかった。

夜のメニューにも夫のリクエストでカラスミパウダーが登場し、
個別には独立したページを設けるほどでもない、ちょっとしたカラスミパウダーメニューを集めて
カラスミ特集ページをその内作ろうかなあと思っています。