2009/12/20

トマト鍋


トマト鍋は、以前にも休日のランチに夫が作ってくれたことがあり
今日は晩ごはんで、少し違う具材でやってみました。
夫がトマトジュースも使った方がコクが出る筈というので、使いましたよ。
ベースの作り方は、前回と同じ。
今日の具材は、きゃべつ、エリンギ、鶏もも肉、ソーセージ、じゃがいも、
玉ねぎ、ブロッコリーでした。

確かにコクがあって、これはいい感じ。
トマト水煮缶は常にストックしておくので、またいつでも作りましょう。

今夜の〆は、ペンネで。

スープもだいぶ少なくなった処へ、硬めに茹でたペンネと
チーズをどっさり入れて、味を含ませたら出来上がり。
黒こしょうを挽いて熱々を食べました。

くぅー、温まりますな。
寒い夜は鍋ですね。
ル・クルーゼの鍋の保温性の高さに、加熱しながらではなく、
もうお鍋だけを卓上に持ってきても、熱々が持続していました。
流石だなあと思います。
この冬も、ル・クルーゼ ココットロンドは大活躍です。

今夜はM-1の決勝でした。
誰が優勝するだろう、ナイツかねえ、なんて夫婦で云いながら観てたら、
圧倒的にパンクブーブーが面白くてお腹を抱えて笑いました。
オンバトで見てた頃は、正直それほどでもないなあと思いつつ、
最近はオンバトも全然見なくなったので、こんなに彼らが面白い位置にいるとは
露知らず・・・。
もう左側の人の腹立たしさが繋がる笑いの渦に翻弄されるのが気持ちよかったです。

ハライチというコンビを全然知らなかったので、またこれからも面白いものが
たくさん見れそうで楽しみだなあ。
ナイツもそつなくよかったし、笑い飯は最初のネタは久々に
「笑い飯に笑わせて貰った!」と云う満足感に浸れたので、もうよしとしよう。
南海キャンディーズはお馴染みのネタだけど、山ちゃんの突っ込みはやはり
随一だと思う・・・ああいう的確な表現の突っ込みは素晴らしいです。
NON STYLEも安定して面白かったけど残念でした。

毎年思うのは、今田耕治のMCは素晴らしいなあということ。
舞い上がった出場芸人さんたちが、どんな球を投げてもちゃんと受け止めて
成立させてあげてる処が好きです。

M-1があると、更に年末が来たなあという感覚が強まります。
笑って過ごせる時間はいいものだなあ。