2009/12/13

鳥忠の焼き鳥で朝どんぶり


ここんとこ、動物性たんぱく質が多い日があったりして、
普段野菜メインの私でも、年間で平均すると結局はちょうどよくなっているのでは、
と思ってみます。
きちんと量を測って数値化していないので、勝手な憶測ですが。

人形町には色んな老舗があってぶらっとするのも楽しい街の一つ。
先日は、玉子焼きで有名な鳥忠で、焼き鳥を買ってみました。
つくねは軟骨入りとノーマルがあり、夫が軟骨好きなので前者を。
後は、レバー、モモ。

しかし夫の帰りが遅かったため、翌朝焼き鳥丼にして食べることにしました。
朝食べるにはボリュームがありすぎるので、つくねとレバーだけを使います。
フライパンで温めなおし、タレをからめてご飯とキャベツの上へ。
同じフライパンでそのまま卵を割り入れ、大きくかき混ぜて同じくご飯の上へ。
一味唐辛子をさっとかけました。
日が経つとキャベツが緑色じゃなくなってくるので、見た目が白っぽいのが難点。

でも焼き鳥が凄くおいしかったので、朝からうっかりご飯が進んでしまいそうでした。
夫のテンションも上がっていたし、また買ってこようかな。

週末は、比較的のんびりしていました。
お寿司を食べに行き、ブリの刺身の新鮮さと旨みに感動して、
二人ともしばらく打ちのめされていました。
いいお店に行けば、ブリのお刺身なんてきっとハイレベルなのかもしれませんが、
マグロを崇拝する人が多い東京ではブリをあまり期待していなかったので、
思った以上の脂ののりのよさにウットリしてしまいましたよ。

後はひたすらお寿司を食べていましたが、ホタテとウニがこの日は特によかったなあ。
あ、白子も。
ここ数週間ずっとお寿司を食べたいなあと思っていたので、
身体の中をギュウギュウにするくらい美味しいお寿司を食べることができて、大満足。

ほぼ初めてに近い、漫画喫茶にも極めて短時間でしたが行きました。
昔々、もっと色々整っていない頃に一度行ったことがありますが、
今のようにそこに暮らすことができそうな設備が整った漫画喫茶は初めてで。
夫がちょっとだけ読みたいのがあるとのことで、んじゃ私もGANTZ 1 を予習がてら・・・。

ひー・・・。
なんたる暴力的なグロテスクなシーンの連続・・・!
昨今のCG技術の発達で、きっと映画でもリアルに再現されてしまうんですよね・・。
観れるんだろうか、私。
と思ってたら、そういうシーンは緩和されてR指定は付かないらしいです。
よかった・・・とりあえず前編では原作を網羅するらしいので、
普段原作読破には拘らない私ですが、今回は判りづらい部分もあるから読んでおこうかな。
大変な作業だな・・・。
1冊だけ何とか今回は読みましたが・・・。

ともあれ玄野計をニノがやる、というのを納得できたのが収穫です。
加藤勝は、もっと身長が高い人がイメージに合いそうな気がするんだけど。
二人以外のキャストはまだ発表されていないので、これから楽しみです。
アクションが激しそうで、既に痛めているニノの腰を全ファンが心配するのもむべなるかな。

あ、こんにちの漫画喫茶も凄いのですね。
こじんまりした空間、身を預けて心地よいソファ、各種フリーのドリンク。
シャワーとかあって、タオルも貸してくれるみたいだし。
パソコンもDVDもあって。
安い利用料金にも驚きでした。
ガンツのために、私、通うのかなあ。
どうしましょう。