2009/09/19

東京:丸の内「Baru&Bistro*musiQ “mood board”」


今日は、イギリス&パン好き仲間のあけみちゃんと、ホームメイド協会の工芸パンの
体験レッスンに参加してきました。

すでに生地は出来ていたので、最初に試食クッキー用の成形をし、
工芸パンの楽しい工作時間がすぐに始まります。

今回は、ハートの台に好きに飾り付けてよい、というもの。
個性が出るものだと先生がおっしゃっていましたが、7人同時の作業で
本当にみな、全く違う印象のデザインが出来上がってきました。
作業も無言で集中したり、思わず独り言を云ってしまったりしながらも、
いつものパン作りとは違う、工作的な作業がとても面白かったです。

私の初・工芸パン!

とっちらかった、収拾の付かない性格がそのまま露呈しております。
あけみちゃんのは、とても可愛らしい品のある仕上がりでした。
バラ作りの技が習得できたのも、嬉しいなあ。

工芸パンが焼きあがったら、最初に作ったクッキー風のおやつを
コーヒーと共にいただきます。

こういう楽しみ方もあるのか、これまた興味深かったです。

午前中のレッスンを終え、今月オープンしたブリックスクエアに行ってみました。
1階の中庭やお店は大混雑でしたが、建物に入り、上の方へ行くと、人影もさほどありません。
私たちはこちらのお店のランチのボードを見て、ほぼ即決しました。
パンビュッフェの文字に弱いのでした。

私は、ほろほろ鶏の軽い煮込み ポロ葱のクリームソース1,260円。
コクのある肉質が、濃くクリーミーなクリームソースによくあって、とてもおいしかったです。
大胆なレタスのサラダや、既に2皿目のパン奥に見えますが、
ドリンクバーには変わったビネガーがあって、これまた飲み比べをして楽しめます。
野菜のビネガーとか、トマト&マンゴーとか、レモンとか。

あけみちゃんのオーダーの姫鯛とあさりとじゃがいものオーブン焼き ポルトガル風も
お魚は大きいし、トマトベースのソースが美味しいし、大満足とのこと。

他のテーブルにあった、渡り蟹とエビのアメリケーヌソースのパスタもおいしそうなんですが、
パンをあれこれと食べる私たちには、パスタを頼む日はやってこないだろうね、
と云う結論に至りましたよ。

相変わらずパンの話は尽きず、久しぶりに会えて嬉しかったなあ。
この後、某所に付き合って貰って、色々とアドバイスも授かり、
心強いことこの上なしでした。
また遊んでね。

そうそう、エシレのお店、お昼に通りかかったら、外に行列ができていて、
クロワッサンは売り切れの表示がありました。
世間の関心が落ち着いたら、買いに行くことにしようっと。