2009/08/01

東京:新宿「カフェ・ハイチ」


先日、新宿をウロウロした際に、「ハイチ料理」と掲げられたお店の前を通り、
これはいったいなんだ?と気になっていた処でした。
近くに本店があったことを後で知りましたが、私たちが行ったのはセンタービル。

最近我が家では渋カフェブームですので、全体が茶色い色合いであることに
すでににんまりと満足していました。

私はハイチ風ドライカレーとホットコーヒーのセット914円。
ケーキのような平らな盛り付けに、感嘆し、香ばしい風合いにも大満足。


夫はカリビアン・ソースで、ピラフはイカ墨を選びました。

美味しかったようです。
ピラフは、トマトかイカ墨かで選べました。

ハイチ料理って今まで意識したり、食べたりしたことは無かったのですが
何店舗もこの界隈を含めてカフェ・ハイチは昔からあるみたいで、
まだまだ知らない世界がたくさんあるなあと思いました。

食事が思いのほか軽かったので。
コーヒーを持ってきてくれるタイミングで、スイーツセット525円をそれぞれ頼むことに。

なんと3種盛りですよ。
左手前はバナナのプリン。
バナナが苦手な私に代わり、夫が喜んで引き受けてくれました。
それは大層気に入って「作って作って」とその後しばらく私にリクエストするくらい。

ガトーショコラはしっとりとしたキメの細かいタイプで、とても美味しかったです。
カスタードプリンは、まさしく私の大好きな昔ながらのしっかりとしたタイプ。
フォークでも食べられるほどの弾力がいいですよねえ。

コーヒーは、夫のアイスも私のホットもどちらも深い味わいがとても好みでした。
ラム酒(ブランデーって云われたけど、ラム酒では?)をちょいと垂らすのがハイチ風とか。

しかしながらスイーツ3種盛りに惹かれて、カフェ利用のコストパフォーマンス大!と云う結論に。

渋カフェの宿命とも云うべき、喫煙可は辛いんですけどね。
そんなに混んでいない店内で、私たち以外の3,4組すべて喫煙者でした。

お皿が欠けてたり、椅子を梱包用のロープで縛って修繕したり、と
大事に使い続けている感じも長く続けているお店ならではと云ったところでしょうか。

夫は、今日発売の例のゲームを購入し、起きてごはんやお風呂以外の時間はもっぱら、
Wiiのリモコンを持っています。
私は全然TVを観られません・・・とうっかり書こうものなら
「んじゃ、TVもう一台買う!?」と来そうなので、それは云わないことに。
どこにもう一台置く場所があるというのでしょう。

しかも出掛ける時には例のゲームを携帯し、色んな人々とすれ違うことを楽しみにしています。
ゲーマーだなあ、つくづく。

夜のウォーキングでは、花火がよく見える場所で夜風に吹かれながらしばし鑑賞。
こんなに人がいないところで涼しいねえと云いながら、まあるい花火を見たのは
生まれて初めてで、とっても楽しくうれしかったです。

うれしいといえば、来週は・・・!
朝から動いてくれた、夫のお陰です。
はやく土曜日になあれ。