2009/06/08

餃子&酢豚


世間的には、割と普通に家庭でも気軽に作られるであろう、ギョーザや酢豚は、
我が家ではレアメニューです。
酢豚に至っては、結婚後、初めて作ったものだから、夫に感激されてしまいました。

なんで作る回数が少ないかと云うと、基本的に夕食を作る回数が少ないから。
夫は帰宅が遅く、平日はほぼ自宅で夕食をとるような時間にはいませんし、
酷い時には土日も休みなしなんて時期もありました。

しかも最近は、素材の味を生かすべく、シンプルに蒸すだけ、とか、焼くだけ、
みたいにお世辞にも料理とは云いづらいようなメニューが多かったから、
ますます一般的な家庭でも食べられるこれらが並ぶことが少ない訳です。

しかしながら、たまに夕食を自宅で食べられる時間帯であっても
「王将の餃子が無性に食べたい」と、関西出身王将芸人である夫は寄って帰ることがあり、
私もまだまだ、夫の胃袋をがっちり掴むまでには至ってないらしいです。

私も福岡出身で、王将の餃子は子供の頃から食べていたし、大好きなんですが、
だんだんあのパワフルな感じが辛くなってきてるのも現実。

それで、確実に夕食を食べられるタイミングを見計らって、
2日連続緊急中華キャンペーンで、夫の胃袋がっちり掴みましょう作戦に出ました。


酢豚は、いつも兵庫から送って貰う但馬牛に豚肉が含まれていて、
今回はその中からロース肉をカットして使いました。
ちなみに蒸し豚&野菜 ローズマリー風味とか、ポークチャップとかに
登場しています。

キャンペーンは大好評で、これからもまた夕食を作る機会には、
張り切って色々作ってみようと思いました。

アメトーークのDVDもどんどん発売されるみたいで、
どんどん入手しては、二人で爆笑しています。
毎週の録画キューも今まで何で入れてなかったんだろう、気付き、入れました。

私の理想は、家電芸人ペナルティ:ヒデさんにお買い物に付き合ってもらい、
その後カレー芸人でもあるヒデさんとカレーを食べに連れて行ってもらうのが理想だな。