2008/12/29

東京:八丁堀「まる伊すし」東京:麻布十番「グリル満天星」


冬休み!
夫もやっとこさ、今日からオフになり、「今年最後の東京散歩納めをしたい」とのことで
昔一緒に働いていたエリアも行ってみようということに。

ランチは、当時結局たった一回しか行けなかったこちらのお店の
づけあな丼を目指しました。

マグロのづけと、ふっくら穴子が直径25cmくらいの器表面を覆っていて
それでまず感激してしまいます。
穴子が美味しいので、最後の一口は穴子とご飯にしようと決めて、食べ進めます。

づけあな丼は、実はこれだけではなく、まるで宝探しのようなワクワクする丼。
ご飯は2層になっていて、イクラ、イカ、タコ、サーモン、とびっこ、卵焼きと、
様ざまなネタが散りばめられているのです。
特にサーモンが良かったなあ。
キュウリも潜んでます。

とてもボリュームがあるのですが、「あ、わーいイクラだ」等と食べていたら、
あっという間に器は空っぽになっていました。
海老のお味噌汁(その時々で色々なものになります)も、いいお味でした。

1200円でコストパフォーマンスの高いランチです。
銀座や赤坂にもあるって初めて知りました。
八丁堀にいる頃に、もっと通っておけばよかったなあ。

この後のお茶の時間に恵まれなかったのですが、
そのマイナスを吹き飛ばせるだけの、大いなる美味しさと満足度の黒字を
このづけあな丼で貰ったって感じです。

川沿いのデッキなどをぶらぶら歩いていると、本格的に江戸の地図も欲しくなりました。
お天気もよく、気持ちよい散歩でした。
築地の方にも近づきましたが、今は食料を買い込む訳にいかないので、
賑わった雰囲気だけ味わって、年の瀬感をお裾分けしてもらってきました。

八丁堀は、もう一軒懐かしいお店があるので、
また機会を見つけて行って来ようと思ってます。