2008/12/23

神奈川:横浜「廣翔記 本店」


東京神奈川に住む夫の母方の親戚筋で、忘年会でした。
中華街って久々だなあ。

フカヒレ三昧なコースを味わってきました。
フカヒレ煮こごり前菜の盛り合わせに始まり
みんな「ワーイ」とばかりに取り分けて、パクパクと。
紹興酒もちょいとばかり私も味見をさせて貰い、・・・うん、いいですねえ。

フカヒレの姿煮とか、冒頭の伊勢海老のフカヒレ入りチリソースとか。


フカヒレ刺身とか、思いも寄りませんでした。

お刺身って概念、フカヒレでありなんですねえ。

アワビのフカヒレソース煮込み。

レタスがたっぷり摂れます。

点心類にもフカヒレが抜かりなく入ります。


北京ダックには、フカヒレの味噌が。


国産松茸のフカヒレ炒め。

野菜がたっぷりなので、私はこれが一番好きだったと云うと、
夫から「結局野菜炒めが好き?」 と。
いやいや、フカヒレの味があってこそですよ、きっと。

あとは、フカヒレスープとか、フカヒレチャーハンとかを経て、
杏仁豆腐にはツバメの巣が入っているそうな。

ツバメの巣が入ってなくても、杏仁な味がして好きでした。

叔父たちはとても賑やかで話題豊富な人たちなので、
いつも場が盛り上がり、聞いていて楽しいです。
運ばれたお料理は熱い内にとなると、自然と勢いよく食べる羽目になり、
あっという間に平らげてしまった感があります。

夫は、この後出社し仕事をするので別れ、
その他のメンバーは横浜っぽいエリアを散策しに行き、
私は元町でパン屋さん巡りをして袋一杯抱えて帰路に着きました。
3軒の内、1軒はお休みで残念でしたが、その分他でしっかり購入しましたよ。
Bread + Lifeで近日中にアップします。

それにしても夫の母の親戚筋は仲良しで、よく食べよく飲み、
という人たちなので、漏れなく今度のお正月もそのようなひと時が待ってます。