2008/08/23

8月のお弁当


夫のお弁当が先月から復活して、私のもときどき作るので、その中のいくつかをメモ。

冒頭は、ゴーヤチャンプルー弁当。
この時にはできるだけ野菜を摂りたくて、ゴーヤのほかに、
にんじん、もやしも入れています。
後は豚ばら肉、豆腐、どっさりのけずり節。

大森屋さんのレシピコンテストのご褒美で頂いた大森屋セットに入ってた
ひじきのふりかけをかけてます。
めかぶのふりかけもありました。

京都産の細長いししとう、伏見甘長が大量に手に入ったので、
しばらくずっとこれが続いていました。

豚ばら肉を巻きつけて、塩胡椒でシンプルに焼きつけたのは、
かなり好評でした。
舞茸の炊き込みご飯には、枝豆をプチプチと出してトッピング。
レタスの上には、にんじんのサラダを。
そしてゆで卵。

別バージョン。

伏見甘長、鶏もも肉、にんじん、エリンギを、
ウスターソースと焼肉のタレでソテー。

殆ど同じ材料で、更に別パターン。

伏見甘長ししとうは、シンプルな塩胡椒。
にんじんとエリンギは、ウスターソースとケチャップでソテー。
ソーセージはボイル。
レタスの上は、ゆで卵と粒コーンのサラダ。
粒コーンは、生のとうもろこしから頑張って粒粒を外した、
云わば力作で、冷凍庫の大事なストック品。

最後は、冷豚しゃぶ弁当。

しゃぶしゃぶ用の豚肉を、日本酒を入れた熱湯でしゃぶしゃぶして、
氷水にとって、水気をよく取ります。
レタス、トマト、オクラ、みょうがと共に、豚肉を詰めます。
ポン酢ドレッシングで。
卵焼きも添えて。

夏を感じるお弁当を作れたかな。