2008/08/20

トマトと納豆の冷製そうめん


冷たいだし汁を張った器にそうめんを入れ、
トマトのざく切りと、納豆を合わせ、海苔を散らして。
納豆を料理に使うのが苦手な夫も、トマトの酸味で
さっぱりと食べてくれて、ほっとしました。
基本カラーは、赤、黒、白で、魔王カラーだったりします。

いや、もう魔王のテーマソングtruthの入手に頑張りましたよ。
穴場と思われる街に見当をつけ、果たしてありました。
不思議なのが、他の街だと、
限定版1(つまりtruthのPV付き)は予約で完売、
限定版2(風の向こうへのPV付き)や通常版は在庫ありなのです。
しかしその街の店舗は、通常版の在庫僅少、限定版はまだあります、
と云う余裕の回答・・・!
お取り置きをお願いして、ワークショップへ出掛ける途中に寄り、
無事購入できました・・・冷や汗でした。

ワークショップは、またまた参加者のみなさんに教わることが多く、
私にとってはありがたい場でした。
こちらはBread + Lifeにて・・・。

帰宅後、truthのPVのDVDをリピートです。
特に止めないので、勝手にリピート再生されます。
胃の調子がよろしくないので、卵とじにゅうめんをささっと作ってたんですが、
TVの画面に思わず見入ってしまい、吹きこぼしてしまいました。

赤、黒、白のテーマカラーで、全体的にダークな感じが、
曲にとてもあってます。
流石に主人公たる大野智がもっともカッコよいように目だってますねえ。
成瀬領がそこに居るようです。

あとは吃驚するほど、ニノばかり見てしまうので、
なかなか他の感想が出てこないのですが・・・。
短いショットの中で、演技派ニノがなんとまた滲み出てしまうことか。
何度観ても見飽きません。

特に、「見えない」のとこで、相葉ちゃんは手のひらで目を覆うようにし、
これも彼らしく素直な表現でよいなあと思うのですが、
ニノは手の甲を目に当て、苦しんでる風情すら漂います。
このシーンが一番好きです。
TVでこれを見かけてドキッとし、絶対にこのPVは入手したかったのです。

まだCDを一度も聴いていないことに先ほど気付きましたが、
明日以降のお楽しみとしましょう。

そうそう、今日のオトノハ(翔くんのブログ)は感動的でした。
レスリングの浜口京子さんが自分を奮い立たせるために、
『Evrybody前進』や『風の向こうへ』をずっと聴いていたというエピソード・・・。
嵐の曲が選手たちに届いていることに、翔くんも感激した様子が書かれていました。

また、ネットで知った情報で
私はずっとPVをエンドレスで流していたので見ていなかったのですが、
女子ソフトボールでも、『Step and Go』『Happiness』が球場で流れていたとか。
嵐の曲は、基本的にポジティブになれる素敵な曲が多いので、
オリンピックの選手たちも励まされることが多いだろうなあと、嬉しくなります。

全く持って個人的な話ですが、最初のパンと野菜のワークショップを行なう時・・・。
自分のテンションを上げる曲をテーマソングとして、常に心で口ずさむことを
アドバイスいただきました。

ここは嵐の曲で・・・と思いましたが、一つに絞りきれません。
なので、そうアドバイスいただいた日から、リストアップした曲ばかり聞いたり、
口ずさんだりしてずっとテンションを上げていました。
浜口京子さんの挙げた『Evrybody前進』も当然リストにありました。
『サクラ咲ケ』はパンコーディネーター試験の時のテーマソングにもして
見事合格しましたし、『ファイトソング』もかなりお勧めです。
「viva myself! オレ最高!」と松潤的な歌もいいかも。

前に向かって前進したい方に、特にお勧めな嵐ソングでした。