2008/07/19

かぼちゃとくるみのナツメグ風味のパン


梅雨明けしました。
と云っても、毎年「夏休み」「夏のバカンス」等々とは全く無縁の生活なので
特にウキウキすることもなく、「暑い日々が本格的になるんだなあ」と
ぼうっとした頭で感じる程度です。

GABANのスパイスがかなり取り揃えられた状態故に、
自然と色んなパン、料理にスパイスが使われることになってます。
このパンも、ナツメグを使ったパンです。
初めて焼いたパンですが、美味しいかったです。
夫も「うまいっ」と朝から気に入ってくれた由。
山盛りレタスは、パンを割ってはさみ、ついでにカマンベールチーズも一緒に。
チーズとも合います。

チーズといえば、バターに続いてとうとうチーズも品不足だとか。
油を混ぜた合成チーズ!?なるものも登場してきて、
それでも表示は「チーズ」と出来るそうで、もうどうなってるんだか。

銀河鉄道999 で、よく出てきたフレーズに「合成ラーメン」と云うのがありました。
未来の宇宙ではもう合成ラーメンが一般的になっているのですが
たまに本物のラーメンにありつくことがあったりして
主人公が感激する場面があったりしました。
ラーメンで合成ってどういうことなんだろうという素朴な疑問もありつつ・・・。

これがSF漫画の出来事だけじゃなくなってきてるのかしら。
そう思うと、なんだか空恐ろしくもなってきます。
イクラだって既に化学製品のようなものが出回ってるし、
最近気付いたのですが、醤油や味噌などもそうです。
本物の調味料を探す必要があるなあ。

なんというか、表示さえきちんと判るようにしておいてくれたら
いいと思うのです。
自分で選べることが大事なのですよ。

・・・と熱くなってましたが、チーズは普通にナチュラルチーズを選んでれば
問題ないのだと判り、安心しました。
冷凍のピザなどの加工品や、ピザ用チーズ的なものには
その代替品の可能性があるのだそうです。