2015/10/26

2015年 京都篇:前田珈琲 室町本店、Le Putit Mec、茶寮 都路里、渉成園、東本願寺、Dai's Deli & Sandwiches

朝食「前田珈琲 室町本店」(京都市中京区)


3日目の朝は、喫茶店でのモーニングにしようと思っていたのですが、初日の夜に前田珈琲を知ったため、喫茶店部門ではここが第一候補になりました。
もう一つの候補は買いに行けばいいか、ということで前田珈琲に。

室町本店は元々呉服屋さんだったという建物をリノベーションして利用しているそうで、店構えに早速圧倒されます。
が、正直手前の素敵なエリアは喫煙席で、禁煙席は奥の方で、ちょっと雰囲気は南国風な感じで内装については残念な感じです。

気を取り直して私はスペシャルモーニング1,020円をオーダー。
オムレツ、ベーコン、サラダ、オレンジジュース、コーヒー、そしてトースト。

トーストのカリカリ感が素晴らしく、クラムの引きもあってこのパンの虜になりました。
進々堂のイギリスパンを使用していると書かれていたので、その後進々堂に寄って、醍醐味というパンを買いましたよ。

サラダに掛けるドレッシングは、野菜とごまが用意されていて、そのどちらも絶品なのです。
特にごまが好きで、買って帰ろうかどうしようかと迷いましたが、荷物の重さに負けてしまい…。
でもきっと次にお邪魔したら買うだろうな。

夫は朝カレーセット940円。

今月はポークと言っていたような。

結構じわじわとスパイスが聞いてきて、どんどん汗をかいていました。
こちらにもサラダと飲み物が付きます。

コーヒーも気に入ったので、龍之助を買って帰りましたよ。

おやつ「Le Putit Mec」(京都市中京区)


いわゆるパンロードまでは行けないので、徒歩でささっと回れる範囲でパンのお買い物。
ここのル・プチメックのサンドウィッチも朝食にいいだろうなあと思ったのですが、イートインというか、イートアウトというか、お店の前にテーブルが用意されているところで食べるスタイルなので、このひんやりした気候では寒いなと思い候補から外れました。

パンのお買い物はこちらに載せていますが、その他に上記のパン・オ・ショコラ210円(外税)を夫がおやつに食べたいということで。

私も少し味見をしましたが、繊細ながらもしっかりした層がサクサクで、流石だなあとウットリしました。

その他にもORENO PANでもお買い物してホテルに戻りました

観光「渉成園」(京都市下京区)


チェックアウトして、バスで京都駅へ行き、荷物をロッカーに預けて少しだけ観光。
駅から近い所のこちらの日本庭園が素敵そうだという単純な理由で向かいました。
庭園維持寄付金として1人500円以上の寄付をお願いしているとのことですが、これだけの素晴らしい庭園ですもの、当然だと思いました。
2種類のパンフレットがあり、1人1冊いただけます。
我が家は2人でしたので、四季の移ろいバージョンと建築に関するバージョンと楽しむことができました。

渉成園には十三景と呼ばれる様々な見どころがあります。
冒頭の写真は、その一つ侵雪橋(しんせつきょう)。

こちらは回棹廊。

これはこれで渋いのですが、安政の大火で消失する前は朱塗りの欄干だったとか。

大玄関の中をちょいと覗いたところ。建物には一切は入れません。

明治天皇が京都に来て渉成園で休息するにあたり、東本願寺の境内に宮御殿と一緒に大宮御所から移築されてきたという玄関だとか。大掛かりですねえ。

この正面には当時作った馬繋ぎもそのまま残っています。


高石垣。

どうしてこういう風に斜めにもレイアウトをしたのか不思議です。
パンフレットには特に理由が書かれていませんでした。

しかしパンフレットを見て嬉しい発見が。
渉成園の右下部分が御土居跡だったのです。
観光のテーマに自分の中で筋が通った感じがして、悦に入っております。

観光「東本願寺」(京都市下京区)


渉成園は東本願寺の飛地境内地だったので、では本山である東本願寺にもお邪魔しておかないとという訳でお邪魔してみたら、絶賛改装中でした。

東本願寺も確か初めて行ったのかな。
その大きさにまず圧倒され、パーツの美しさにも心を打たれ、見る者を「ははーっ」と伏せさせるようなそんな宗教施設の威力を感じました。

また出来上がったらお邪魔しようかな。

お茶「茶寮都路里」(京都市下京区)


昼食よりも先におやつなのか…と思いつつ、夫がぜひ行きたいということでお付き合い。
この旅行に限らず、最近は夫が行きたいお店に基本的には行っています。
そういう訳で、京都伊勢丹店限定の「秋の桜」1,112円(外税)を選びました。

10月限定の玄米茶づくしのパフェで、アイス、カステラ、シロップに使われています。
きな粉の香ばしいクッキーや紅芋クリーム、白玉など、バラエティに富んでいて楽しいパフェです。

夫は如月1,370円。(外税)

す…すごいボリュームです。二人分なんじゃないかと。

デフォルトで付いているお茶は壷切ほうじ茶で、とても柔らかくおいしかったので、お代わりをした上に茶葉も購入して帰りました。



京都駅が綺麗になって以来、上の方に来たことがなかったなあ。
都路里に行くのにこの辺りで若干迷いました。
しかし迷ったお陰で吹き抜け部分がこんな風になってたのかと見れてよかったな。

昼食「Dai's Deli & Sandwiches」(京都伊勢丹店)


当然、昼食を食べる胃袋の余裕が無いのとちょっと塩気を与えたい気持ちで、デパ地下を見て回っていたら、こちらのお店のディスプレイに引き寄せられました。
ぐるっと回ってみても「やっぱりあのお店がいい」と夫が言い、そうだろうなあと同意。
大原・静市の季節の野菜を使っているとかで。
これはランチセットで1,000円くらいだったかな?

ほぼ夫の昼食です。
チキンの方には何故か海老が使われているとかで、私はたまごサンドだけを少しかじりました。
これだけでも美味しいと思ったので、いずれきちんと一人分食べてみたいな。
パッケージもスタイリッシュ。


いずれ烏丸御池の本店にもお邪魔しよう。

デザートには、同じくデパ地下で購入したカットフルーツ。

夕食


旅行の後によくあるパターン。
購入したパンの中で、塩気のあるものを中心にちょこちょこ並べての簡単な夕食。
炭水化物ばかりではあるのですが、ちょっとだけ食べてリセットして、また次の日からの現実に戻るのでした。