2002/11/21

2004年 福岡篇:プラザホテル天神朝食、博多デュークスホテル、Café Teco

朝食「バサン」(プラザホテル天神 1F)

メインダイニングは和食レストラン。
シックな内装で夜の雰囲気も大変良さそう。
ビュッフェでは今日も和食でまとめました。ざっと見た感じ、こっちの方が美味しそうだったから。果たして美味しかったです。
煮物も冷凍野菜じゃなくしっかり作ってるし、お漬物も美味しかったし、レンコンのきんぴらなんかもいい。お味噌汁も具沢山でおおらかな気持ち。
840円の朝ごはんの価値が充分あったなあと思いました。
食後にはプレーンヨーグルトに蜂蜜をかけて。紅茶もね。
器も可愛いのですよ。白と云うのが大前提でよいのですが、この小鉢、微妙に高さが歪んでて味があって良いでしょう。

ゆっくりご飯食べてたので、他の人が2回転していく様も眺めていたのですが、とある年配女性グループや、お一人様の女性は、和食と洋食どちらもしっかり頂いていました。判るなあその気持ち。でもこの後行きたいカフェもあるから自粛・・・。


チェックアウトし、一旦荷物を次のホテルに預けに行くべく、バスに乗りました。天神地区から博多駅までは100円でいけるのでお手軽でお得。
次なるホテルは博多デュークスホテル。
チェックイン手続き後、キャナルシティにそのまま流れて行きました。ぶらぶらと中を歩いている内に、とあるセレクトショップでスカートのあまりの可愛らしさに惹かれてしまいました。試着して見てますます良い感じ・・・。今旅行中で荷物を増やしたくないなあと云うのが本音なのですが、このスカートには二度と巡り合えない気がして購入。
そのほか色々ウィンドウショッピングしてたらお昼近くなり、またバスに乗り、警固の方へ移動しました。

昼食「Cafe Teco」(福岡市中央区警固)

ビーフカレーとサラダのセット \500
サイトに来てくださる福岡にお住まいの方から複数、このカフェをオススメされました。それならば、と足を運んでみた処、この警固界隈って昔(20年近く前)とは全然違ってなんか楽しそうな地域になってるのですね。
カフェテコでは何やら賑わっている様子・・・どうも「文化祭」と称していつもの営業形態とは違い、器は露店のような樹脂のもの、席は相席でわいわいとしており、カウンターでは焼き菓子やらパンやらがたくさん陳列され販売されていました。
定食を食べたいと思ってたので一瞬躊躇しましたが折角来たのと、面白そうなのでそのまま席を見つけてカレーを頂きました。揚げたレンコンてのがよかったです。でも味の評価は、結構辛めで美味しいけど、多分いつもの感じではない気がします。
それよりも焼き菓子やパンの方が気になりお買い物。旅行者なので少し日が経っても大丈夫な物をお店の人に相談し、スコーンイチジクパンを購入しました。
そして少しお話を。「文化祭って定期的にやってるんですか?」 「いいえ、オープンして2年くらい経つんですが、今までに色んなパンやお菓子を作ったのでそれを発表する場を作ろう!と思って今回初めてだったんですよ。」そう云う時に来れた、と云うのは寧ろラッキーかもしれないです。定食はまた今度来た時のお楽しみです。
あ、此処のお手洗いは必ず行った方がいいです。何だか面白くて素敵。

お茶「パティスリー フレ」(中央区新天町)

ジョルジュサンドとコーヒー
生年月日が全く同じの、中学時代からの友人(例えばルーセントカフェにも一緒に行った)と2年ぶりの再会。
子育てに忙しく全くお茶する時間が無いという彼女のために、此処の2Fのゆったりしたソファでお茶の時間を満喫しました。
此処は昔ロイヤルだった筈と思ってたら、ロイヤルがやってるパティスリーでした。マカロンもケーキもチョコレートもどれも芸術的に官能的に美味しそう。果てしなく迷い、やっと二人ともケーキを決めて、禁煙席の2Fへ上がります。
手前が私のケーキ、奥が彼女のケーキ。名前がもう判らないよ・・・。とにかくもう大変美味しく、寛ぎの場所で果てしないお喋りをしました。
また次会うのも楽しみです。下りていくと、たくさんの人が順番待ちしていました。お茶の時間は早めに行った方がいいかも。

彼女と別れて、「誓文払い」で賑わう新天町をぶらぶら。
そういえば、11月下旬は九州場所でお相撲さんたちの姿を見かけるようになり、誓文払いのセールで賑わうようになると、「ああ冬がやってきたなあ」と思ったものでした。お相撲さんの姿は春の象徴だ、と関西の人に聞いた時には、驚くと共に、そうか地域によってお相撲さんに感じる季節は違うのだなと納得したことがあります。名古屋だと夏? 両国に派遣社員として通ってる現在は、新年とか秋とか・・・かなあ。
MAMAIKUKOでランチョンマットを購入しました。

博多デュークスホテル(福岡市博多区)

以前から前を通りかかってはとても気になっていたプチホテル。
サイトにも、それから事前に禁煙室をリクエストした件でメールのやり取りをしていた時にも「ロビーではポプリの香りをお楽しみいただけます」とおっしゃっていたのですが、確かに。自動ドアが開いて中に入るとふんわりと良い香りがしました。
チェックインの手続きをし、荷物を預けた時に担当してくださったのが、丁度メールのやり取りをした方だったらしく、ご挨拶をしてくれました。
なんか全体的に感じがよいです。
左は、部屋からドアを向いた所。
右は机周り。 まあ過不足のない調度品ですが、ご案内関連を見ていて、台湾式フットマッサージの文字が!
詳しい情報がよく判らなかったので、晩御飯に出かける際に、フロントで料金などを確認。

バスルーム。
シャンプーリンス類がディスペンサー式になっている処が多く、内心ほっとします。欲張って持って帰らなくて良いから。
アメニティが女性に嬉しいラインナップ。
私の泊まったフロアのエレベーターホール。廊下やフロントではほんわかとポプリがいい香りを漂わせていて、柔らかい気持ちになれます。

お茶「CAFFE OTTO.Cyclo」(博多区キャナルシティ内)

スパイシーチキンサラダ(って感じの名前)バゲット付きと烏龍茶。
今これを書いてるのは2月で、随分記憶も薄れてきているのですが、とにかく鳥の唐揚やじゃがいも、かぼちゃ、ブロッコリー、卵、水菜と大層ずっしりと食べでのある具沢山のサラダでした。美味しかった!満足の一皿です。満足すぎて、デザートも食べようと思ってたのですが、流石に無理でした。この次はきっと。
カウンター席はキャナルの噴水広場のイルミネーションが見えたりして。
あ~ここのグランドハイアットに泊まれる日はいつでしょう。今回は全く予約が取れなかったのです。直前でもダメでした。この次はきっと。


部屋に戻り、やっぱりこの足のクタクタ感は、マッサージを受けるべきという診断になり、予約の電話を入れました。22時に来て貰うようにして、それまでにゆったりお風呂に使ってリラックス。
訪れてきたのは台湾人女性。私はこのベッドに仰向けに寝そべり、彼女は足元の方で足のツボを次々と押してくれます。
くうーっ。至福のひと時です。
料金を忘れてしまったのですが、多分確か、10分=1000円の相場より安かったような気がします。オススメ。
「土踏まずが楽になりましたー」と云うと「土踏まず」が判らなかったらしく、キョトンとされたので、指差して「ここが土踏まず」と教えてあげると、「ああ」とにっこり笑って納得されました。足の部位名は覚えておこうか?お姉さん。
兎も角この日も盛りだくさんで、福岡大満喫でございました。