2006/05/02

神奈川:ヒルトン小田原リゾート&スパ

ロビー

小田原にあるヒルトンの噂を聞いていて、いつか行かねばと密かに思っていた処、サイトリニューアルで忙しくなる今年のゴールデンウィークのプチバカンスに最適なのでは?と提案し、採用されました。

GW中、小田原駅からの送迎バスはなく、根府川駅で降ります。無人駅だけどSuicaの読み取り機がピッと待ち受けています。
バスは程なくヒルトン小田原の門を通過するのですが、其処からが意外に長く、この敷地の広さは一体どれほど広いのだろう?!と驚いていました。

チェックイン手続きをまずは済ませましたが、お部屋の用意ができるまで1時間弱あったので、ライブラリーカフェで持参したPCでネットにつなげ、ブログの更新をしたり、リニューアル作業をしたり。
このカフェの書棚のものも色々読んでみたいなーと思いつつ、全くその時間はありませんでした。


室内

お部屋はこざっぱりとして気持ちよい空間でした。
殆どここにはいなかったですね、思い出してみると。
全室オーシャンビュー。
予約する際に禁煙室をリクエストした処、このフロア全体が禁煙室ばかりとなっていました。廊下で煙草っぽかったらげんなりですのでこういう配慮はよいと思いました。
此処にも殆ど腰を落ち着けることも無く。
TVの下のケースが、てっきりDVDとかかと思ってふたを開けたら、ただの箱でした。
壊すとこでしたよ。
保冷庫には特に飲み物は無し。
ミネラルウォーターが2本「ホテルからの贈り物」として備え付けられていました。
二つの写真は、バルコニーからの相模湾の眺め。
どんよりしていて、雨も結構降っていて、水平線が限りなくぼんやりとしていました。明日は晴れる筈なので、アンニュイな午後を楽しむとするか。てな処です。
中央の建物は、チャペル。お天気のよい日の結婚式なんて素敵です!

浴室

アメニティも浴室も全体的に普通。
シャワートイレが全館完備なのは嬉しいです。
しかしこの浴室もほぼ使わなかったなあ。
だって温泉やらなんやらあるしねえ。せっかくならば。

アフタヌーンティ「ティーラックスラウンジ」

アフタヌーンティー二人分で3,570円。
こういうセットってどのくらいのボリュームか事前に判りづらいものがあり、実際に運ばれてきた際の私の印象は軽いお茶請け。
ランチ代わりにしようと思ってたけどちょっと少ないかも?

手前のお箸のようなものは、グリッシーニみたいなしょっぱい硬いパン。
サンドウィッチは上品。スコーンは及第点。
クッキーが美味しかったです。いちごと紅茶の2種類。
右上のかごにははちみつやジャム、生クリーム。
左上の器には、オレンジジュース付けの果物盛り合わせ。お茶請けにはとてもよいです。
和風の器使いもなかなかに素敵、黒は引き締まり、食べ物の色が綺麗に見えますねえ。
ポットの形が面白い。ただいま蒸らし中。
私はアイリッシュモルトを、お勧めで選んでしまいましたが、ロンネフェルト社の紅茶、この香り、何処かでかいだと思ったら、グランドハイアット福岡のラウンジでした。
グランドクラブのラウンジ@グランドハイアット福岡
私って芸が無い・・何でまたこれ選んだんだろう。そしてミルクティには私の味覚では合わない気がしていて。残念。
水色はこんなに綺麗なので、ストレートを私はお勧めしたい。

アフタヌーンティの後にヒルトンショップをぶらぶら覗いたところ、パンが売られてる!これは朝ごはんも楽しみだし、お土産にも買っていけそう。
また、流石小田原、かまぼこやちくわなども充実。鈴廣の焼きちくわを一袋買い、お部屋でぱくぱくと食べました。美味しい。これは自宅用に買って帰るの忘れたなあ。


陶芸「エクリュ」

陶芸工房があり、二人で参加。一人3,500円で1kgの粘土を使い、3個までの作品を作ることができます。

何を作るか話し合い、私はプレート、彼は鉢を。
パン作りのときもそうだけど、私はどうも器用さ、丁寧さおよびセンスに欠けるなあ。
ひんやりした粘土を触ると気持ちが静かになります。
成型して、スタンプを使って模様をつけましょう、と云う段階になり、練習用粘土でああだこうだと考えるんだけど、どうしても納得いかず、結局無地にしました。
彼が作ったほうは底に桜やクローバーをワンポイントに。
最後に釉薬を選んで終わり。

出来上がりは一ヵ月後。取りに行くこともできますが、送って貰う事に。
朝ごはんをこれで頂くのが楽しみです。


バーデ&天然温泉大浴場

ハワイにも用意して行かなかった水着を、わざわざ購入の上、このバーデにやってまいりました。
様々な形式のスパがたくさんあり、「わーい次はこっち」と順番にあれこれと入ります。足の裏を刺激しながらひたすら歩いたり。
一番よかったのは外のスパだなあ。
初日はあいにくの天気でしたが、それもまた湯けむり風情で向こうには海が広がり、なんだか幻想的。
プールゾーンでも私はひたすら歩く歩く。彼は泳ぐの好きなので、ちゃんと泳いだり。

その後、一旦部屋に戻ってお風呂の準備をして、大浴場へ。
このホテルは、バーデや温泉へはバスローブ&スリッパで行けるので気が楽というか、不思議な感覚と云うか。
温泉も露天風呂があったりで、寛げました。温泉久しぶりだなあ。

夕食「アクアフェ」

レストランの予約を推奨されたのだけど、なんとなくだらだらして直前に連絡した処、希望する時間はもう一杯でした。
その代わり提案されたのが、こちらのカフェの方。通常は15時で営業は終わりとあったのですが、流石ゴールデンウィーク中、ディナータイムも営業です。
事前に教えて頂いたメインの中から選んで伝えていました。
前菜やパン、スープ、巻き寿司、お蕎麦、味噌汁、ごはんなどが食べ放題なのでまずは。
前菜を一通り盛りました。お魚の様々なお料理が美味しいこと。
下手するとこれでもう十分かもしれないと云う量です。ホントに盛り過ぎた。でも後悔していません。
かぼちゃのスープもよかったです。
全席禁煙は、安心して美味しく頂ける理由のひとつです。
小田原産スズキのソテー。
身がふっくらして実に美味しい。メインが思った以上にボリュームがありましたが、やはり前菜の美味しさにあの量を頂いたことを後悔できません。
久しぶりに水泳っぽいこともしたしねー、まいっか。
こちらは配偶者の、若鶏のトマト煮 チーズクラスト焼き。
トマトソースも美味しかったし、チーズクラスト部分のカリカリと香ばしい奴がたまりません。
ビュッフェのデザート。この後にコーヒーを頂きました。
このプレートは配偶者のもの。私はムースを取らず果物だけだったため、今ひとつ可愛らしく見えなかったのです。
激しい満腹感とともに美味しかったので、大満足です。


アミューズメント

食後は、地下のアミューズメントエリアへ繰り出しました。
まずは、腹ごなしにボーリングを。負けた方が、ゴールデンウィークの残りの期間、家事を担うことに。がぜん燃えます。
私たちのレベルはとっても低いんですが、2ゲームしてどちらも私の方がさくっと勝ち。うっしっし。
ワンドリンク付いてるのも丁度よい感じ。

次に、カラオケへ。あと1時間しか営業時間がなかったので、1時間まるまる私はT.M.Revolutionしばりで、来るべき今年2本目のライブに備えます。ふうっ。ここでも1ドリンク付きます。大満足ー。
目一杯遊んだ一日でした。楽しかったー!

朝食「ブラッセリー フローラ」

朝ごはん!8時になるととても混む、と前日に聞いていたので、7時半過ぎには行った処、すでに大盛況。
オムレツは目の前でシェフが焼いてくれます。ほうれん草とチーズを入れて貰い。
コーンポタージュもよいし、何よりパンが美味しかったのです。
前日にヒルトンショップで睨んだとおりです。
右上の桜海老のパンが素晴らしいのですよ。

写真に収めるのを忘れましたが、配偶者は和のラインナップ。干物を焼いたのや、梅干など地のものを頂くのは旅先ならではなので、次回は和風で行きたいと思います。
パンのお代わり。上のパンオショコラは、彼の。
下のお皿は私のお代わり。前回はお食事パンだったので、デザート代わりにデニッシュ系やチョコマフィン。
左下の洋ナシのデニッシュ生地には紅茶が混ぜ込まれていて、香りが立ち、とても美味しい。どれも美味しい。全部食べられないのが悲しい。
胃をすっきりさせるためにコーヒーを。
ホントのデザート。
プレーンヨーグルトに、みかんのはちみつが特筆すべき食材。どうやらこのあたりは温暖なせいか、柑橘類がよく採れるらしい。
ここで小さな黄金柑を知りました。


朝のお散歩

広い敷地を生かして、お散歩コースが設置されています。
その距離に応じて、A,B,Cと入り口があるのですが、私たちは最も下ったCの入り口まで下りて行き、そこからスタートしました。
この写真はCの地点付近の車道です。
花水木が可憐に優しい色合いで咲いていたのが青い空とのコントラストで印象的でした。
すがすがしいお天気で、お散歩にもってこいです。
あまり海を臨むポイントはありませんでしたが、貴重なそのポイント。
お散歩コースには、全国の都道府県の木が植えられており、それを見ていくのもなかなかに面白いものです。

コース自体は結構アップダウンがありますので、体調が思わしくない時には避けた方がいいかもしれません。
ホテルの駐車場付近には杉がたくさん植わっていた所為なのか?配偶者がやたらと鼻にぐしゅぐしゅ来ていました。
いい汗をかいて部屋に戻り、チェックアウトの準備を。
部屋からの眺めその2。
このページの上の方にある写真と比べても、そのお天気の違いは歴然としています。実に気持ちのよい休日です。
ほら、こんな日和だとウェディングも素敵。
10年ほど前には、茅ヶ崎から相模湾を眺める生活をしていましたが、久々に戻ってきた気持ち?



チェックアウト後も荷物を預け、バーデを楽しむことができます。
このお天気のよい中でのバーデは最高に気持ちよい。
しばらく滞在して湯治でもしたい気分です。
私はこのあと温泉へ行き、配偶者はずーっとバーデやプールで泳いだりしていました。

最後にヒルトンショップでパンや揚げかまぼこのお買い物。
このパンをもっともっと買って来ればよかったのですが、冷凍庫がいま割りと一杯なので、また買いに行くチャンスを作ることにしましょう。

ランチまでして帰ろうかとも思ったのですが、流石にこの量の朝ごはんでは、いくら散歩とバーデでも満腹感を消費しきれず、そのまま送迎バスでホテルをあとにしました。

根府川駅の傍では、珍しい柑橘類を7,8種類くらい?並べて売っているおばちゃんがいて、二人とも吸い寄せられるように近付いていき、試食したあと、根府川名産の黄金柑に決定!
ジュースでたくさん楽しみました。黄金柑をつかったフレッシュジュースはこちら。
ついでに銀杏も買い、彼のビールのお供となっております。