2005/04/01

東京:ホテルグランドパレス

昼食 東京:銀座「マリアージュ フレール」

福岡から短大時代の友人S嬢が、武道館でのブライアンアダムスのライブを観に上京してくるというので、I嬢、K嬢の仲間で集まることに。
銀座で待ち合わせ、ランチを予約しておいたマリアージュフレールにて。
ランチティー\2,200で、前菜に私が選んだのは、本日のスープ。プチパンも美味。
お店の人と相談して選んだのはヌワラエリア。
初・マリアージュフレールのS嬢とK嬢には定番のマルコポーロをおすすめです。
このメインは、ズワイガニとかエビなどのサラダ仕立て、ドレッシングにはきちんとお茶が使われています。正式な名称をメモしてくるのを忘れたので、残念ながら何だったか忘れましたが、ボリュームがあり、お野菜をたくさん頂ける一品は最近の私が求めるメニュー。
で、久しぶりにこの面子で集まったので、それぞれにああだこうだと近況を話し合い、尽きることがありません。
時間もまだ大丈夫なので、デザートも頂くことに。ショーケースから悩みに悩んで選んだのは、緑茶を使ったミルフィーユ。こういう組み合わせが非常に美味しくマッチしていて驚きでした。
他の子のもそれぞれに美味しかった・・紅茶のババロアは流石に香りもよく、紅茶のお店らしい特徴あるお菓子でした。大満足。

その後は、翌日訪ねて行くT嬢への出産祝いを求めて、ブランドの路面店をハシゴ。
結果的にグッチで、ピンクの可愛いポシェットを買ったのですが、これはまずはお母さんが使い、その内お嬢が大きくなったら(幼稚園くらい?)譲り、お嬢が使うのだそうです。最近はそういうトレンドなんだそうです。
普段、ブランドには全然縁の無い私、同じくI嬢と「こんな時でないと来ないよね」なんて、ガードマンが恭しく警備する入口を入る路面店に物見遊山で付いていくのでした。詳しいK嬢やS嬢が頼もしいです。
でもブランドによって、観光地であるかのように人々が押しかける処と、やや緊張感のある処と、様々な雰囲気があるのですね。ブランド物を身につけるには、私にはまだエレガンスが足りないと思っているので、もう少し大人になってから。もしかして一生エレガンスが身につかないかもしれませんが。
後は和紙のお店に行ってみたりした後、大活躍のK嬢は帰宅。
私たち3人は、地下鉄を乗り継ぎ、九段下のホテルグランドパレスへ移動です。

室内

桜・桜宿泊プランで女性トリプルだと、ツインにエキストラベッド入れて29,500円(1泊室料・朝食・特典・消費税・サービス料込、ホテル宿泊税別)と云うお得なものです。
特典はラウンジにて、和製シャンパンをおひとり様1本と云うお得さ。
武道館から完全に徒歩圏内なのでS嬢の為にこちらをご用意いたしました。多分、ホテルとしてはうっとり・素敵とはしゃぐ要素はあまり感じられない、ビジネスっぽい感じかもしれない。でもI嬢に「金大中事件のあったホテルだよね」と云われ、やにわに歴史を感じてみました。
若い人は、検索して調べてみて下さいな。私も幼心にうろ覚えでしたけど、衝撃的でした。


夕方、S嬢はブライアンに会いに武道館へ。
I嬢と私は、神保町の上島珈琲店へ魅惑のソファに寛ぎに出掛けたのですが、なんと店内のインテリアが変わっていたのです。ソファも無い。彼女も私の記述を観てここへ!と思ってたので、んじゃ、やめようかと云うことになり、さて何処に行こうと糸の切れた奴凧のようにしばしさまよいました。
で、OAZOの方へてくてくと歩くことに。考えたら物凄く歩きましたよね。何かしらスイーツでも買って帰ろうという話だったのですが、コーヒーのとてもいい香りが漂う、コーヒーマシーンというカフェ引き寄せられ、彼女はブレンド、私はアイスカフェオレっぽいのをオーダー。
するとそれぞれ意匠を凝らした大振りのカップやグラスでやってきたので、これをちびちびとやりつつ寛ぎ、なんだかそれで満足してしまいました。
帰りは流石に地下鉄に乗りましたよ。

ホテルに戻り、暫くしてS嬢もライブで完全燃焼して戻ってきました。外タレにしては長めの時間ライブをやったようで、親日家の程が伺われたそうです。
彼女の喉の渇きを癒すべく、まずはラウンジに行き、和製シャンパンなる物を。スパークリング日本酒、といった感じで後味が甘酒のような甘さがふっと抜けて、美味しい。口当たりのよさに私も若干進みます。
21時頃になり、神楽坂の夜へご案内します。少し酔ってた所為か、道を間違えてごめんなさい、皆様お疲れの処・・・。
で、晩御飯難民と化す私たち。神楽坂でこんなに晩御飯を食べられない不安に苛まされるのは初めてです。予約って大事ですね。
思っていたお店がいくつも満席で駄目な上に、いくつモノお店が22時でオーダーストップ。後は飲み屋さんとか居酒屋さん的なお店になってしまいます。そこでおでんを売りにしているお店に入ることに。
まあ、結果的には、「東京っぽいもの」をS嬢に味わって頂くことができてよかったです。
はんぺんとか、ちくわぶとかね。
私もずっと福岡でしたので、関東の人と結婚するまでその両方とも口にしたことはおろか、多分見たことも無かったと思います。
飛び込みで入ったけど、なかなか美味しく、串揚げや豆腐のグラタンや、シーザーサラダなどついつい食べ過ぎて、帰りはまたもやてくてく歩いて九段下へ日付が変わった後に帰還です。
交代でバスタイムを取りつつ、遅くまでお喋りを引き続きしました。


朝食「カトレア」(ホテル内)

朝は、1Fのカフェレストランでビュッフェです。ランチを11時半過ぎからとる予定なので、朝は程ほどに、なんて云いつつビュッフェの朝食を前にしては無理です。
この後フルーツとコーヒーを頂き、ホテルをチェックアウト。

翌日も引き続き素晴らしい晴天に恵まれ、武道館から千鳥が淵の方へ散策へ出掛けました。桜の盛りは過ぎましたが、きっと咲き誇っていた時には圧巻なんだろうなあと思わせる景観でした。
この後は、私のお勧めのイタリアンでランチをした後、T嬢の出産を祝いに彼女のお宅を訪問しました。
しっかりとお母さんになっていたし、可愛い愛娘にメロメロのご主人もお嬢に劣らずなんだか可愛かったです。プレゼントも気に入って貰って一安心、母娘代々大切に使って貰えると思うと嬉しい限りです。